道を遊ぶ 10

日本のとある原子力施設で昨夜、多くの国民の反対の意思を裏切って核燃料のウランに中性子線が当たり臨界の火が灯った。

このまま異常がなければ、来月から発電するとのことだ。




コレって、どうよ、みんな?

アタシはもうもの凄くチョー腹が立ってるし、

口にできない程の暴言を吐き出したいんだけど、

あんまり地が出てここの品位を損ねてもなんだから自重するけど、

どう考えても、これって安全保障上の大問題で、

隣国からテポドンを打ち込まれるだの、

ISIL部隊が国内に侵入するだの、

そんなショボイ脅威とは比較にならない、

世界人類72億人、

地球生命種130万種に対する

テロリズム以外のなにものでもない!




なのに、なんでみんな黙っているんだよ〜!

おい、ブロガーとか言って気取ってる野郎どもは、

みんな今、この再稼働をネタに怒り心頭のはずだよな?

そうそう、特に命の大切さだの、気と対話する自然医療だの、

そんなキレイゴトを普段から並べてる鍼灸師とか医療者なら、

真っ先にこの原発再稼働テロに無手勝流の唐竹割を挑んでいるよね?

えっ、そんな無鉄砲でアヴァンギャルドな野郎なんかこの業界にはぜんぜんいないって?




フンッ、まっ、いつも孤軍奮闘、奮闘努力の甲斐もなく〜♪ってか(寅さんだよ 笑)




どうせ同じ手の平なら原発カルト真理教のパラノイアたちの手ではなく、

慈悲深いこの「ウロボロスの蛇」な62ケタの無限大宇宙のお釈迦様の手の平の上で、

踊らされたかったね。




人類がなにをしようと、その背後で整然とカオティックにうごめく宇宙の律動。

地震も津波もそれは宇宙の律動、地球の生理現象に過ぎない。

だからそれを防ぐことは人類には永遠に不可能。

しかし、ただ原発を再稼働しない、というたった一点だけなら

人類にも出来るはず。

なぜ、それすらできない?




このままいけば、間違いなくいつかまた

スリーマイル、セラフィールド、チェルノブイリ、フクシマ

の再来が再稼働施設で起こるだろう。




佐野元春は「警告どうり、計画どうり」で、

忌野清志郎は「ラブ・ミー・テンダー」「サマータイムブルース」で、

黒澤明は映画「夢」で、

いつの日にか、ジャッジメント・デーが来ることを警告し、

その先をも予見した。




脈診を駆使して人体の生命力と対話し、

症状の予後を正確に予見する鍼灸師なら、

原発再稼働の先に待っているこの国の、

この地球の未来くらいアッサリと予測できるだろうに。




ちっ、ヘタレしか、いないのかよ!

まったく、相変わらずにスタンドプレー、

目立ちたかないのにオレの独り舞台じゃんか(笑)





過ぎゆく夏を惜しんであらん限りのちからで鳴いている蝉たちを含む

地球生命種130万種に代わって、

不肖ハリィーが吠えたります!





「地球の生命のすべてに対するテロ行為である原発再稼働を即時中止し、

未来の子ども達に大人としての範を示せ!

ったく、べらぼうめぇ!」

スポンサーサイト

2015.08.12 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 鍼灸指圧

コメント

今村先生 お疲れ様です
川内原発を再稼働させてしまい 本当に心苦しい限りです

私ども 鹿児島の住民も酷暑の中 非暴力の活動を続けております

鹿児島県内の医療者も 少なからず声を上げ 立ち上がっております

私も 2回上京し 内閣府との交渉 マスコミへのレクチャーなど 行って参りましたが 
政府関係者は 私たちの意見を聞く振りだけで なんら行動しません

本日も街頭に立ち 反原発と平和の訴えを行います

町行く人々は 福島のこともなかったかのように 通り過ぎて行きますが 
命と健康を守る 私たち医療者は 諦めることなく 行動したいと思います

これからも 被ばくした世界で生き抜くための 
養生について 学ばせてくださいませ

2015/08/12 (水) 11:10:47 | URL | 青山浩一 #JalddpaA [ 編集 ]

小児科医で内科医であられる医師の青山浩一先生、どうもご無沙汰しております。

日頃からの原発反対ならびに戦争反対への青山先生の並々ならぬご活動に対して、改めて多大なるご尊敬と、感謝を申し上げる次第です。

このたびは、電力が不足しているわけではなく、

最早、原発を稼働する為の最大の口実である電力不足など

ここ4年半の期間にいっさい発生しなかったことから、この

原発を稼働しなければ電気が不足する、

という真っ赤なウソが日本中いや世界中に白日のもとにさらけ出されたにもかかわらず、

なにゆえ、いったいなぜこの期に及んで老朽化した非常に危険な原発を再稼働するのか?

まったく狂気の沙汰を通り越して、コッケイなブラックジョークなパラレルワールドに迷い込んだような気分に今浸っております。

根底からウソであることが明白となったにもかかわらず、それでも再稼働だと言い張り、実際に再稼働をしでかした!

もうこれは国民の意思を裏切る最悪最凶の暴挙であり、

世界中の民を恐怖で震い上がらせる「テロ」いがいのなにものでもありません。

しかし、物言わぬ世界の民の多くはこれをスルーして平気なのか?

いや平気ではないが声を挙げるのも、もう馬鹿らしく億劫になってサイレントマジョリティーを決め込んでいるといったところでしょうか。

愚直に文句を言い続けることに意義があるかどうかはわかりませんが、私は一医療者として今後も、ブツブツと文句だけは言い続ける所存です。

今日たまたま東京から我が治療院にお見えになった美麗な女性を治療しつつ、原発の動きについて少しばかりお話しをさせていただきました。

彼女の肌感覚では、実は原発に関わる利得と関係のない周囲の者たちはみな言葉にこそしないけれど原発など真っ平御免だというのが率直なところで、

でも、ではどうやって原発反対のベクトルをメインストリームにもってくるかという局面では、

やはりスタイリッシュなやり方もひとつの方向性ではないか、とご提案くださいました。

ドイツでは日本と異なりすでに太陽光発電が軌道に乗り、ビジネス的にもイエスな方向へとシフトしているとのことで、

こうした原発に代わる代替エネルギーの普及は、やはり今後の方向性としては必須なベクトルであろう、と私とのあいだでコンセンサスが生じました。

私も3.11直後から代替エネルギーのなかでは、ベルシオン型風車というものに注目し、いつになったらブレイクするのか?と

期待をもって代替エネルギーのカテゴリーの動きを追っていますが、ベルシオン風車は、まだトレンドにはなっていません。

このベルシオン風車は、現場の勘で羽根の角度をほんの少しヒネリを入れることで、回転率が大幅にアップして、

微風でも回転する非常に優れたパフォーマンスを発揮する風車として注目されております。

大型の既存の風車では鳥が追突して死んでしまうバードストライクの発生が懸案事項ですが、

このベルシオン風車なら、非常に小型のそれこそカザグルマのヤヒチのように、まるでカザグルマの如き小ささで、

最大限の風力を掴みその回転で電気を生み出します。

ずらっと電柱に縦にくっつけたら、さぞヤヒチも愉快痛快、とそんな空想が広がる夢のある風車です。

またこの風車の応用としてベルシオン飛行艇という、まるで漫画コブラのタートル号にそっくりな、

水陸両用の飛行艇まで試作されており、小型のものがすでに砂地や水上から実に見事にテイクオフして飛翔し、

時に風を受けて空中で停止するホバリングまで披露しております。

このタイプなら長い滑走路もいらずに、例えば海に浮かんだ状態や砂漠からでも、いきなり空中へと飛び立てますから、

あるいは津波の際の避難用の飛行艇や災害救助用などとしても活用できる可能性もあります。

このベルシオン風車は日本人のエンジニアが設計し、特許もすでに取得済みでありましょうが、

こうした次世代テクノロジーがドローンの如くにアッという間に、世界中に広がってしまうことも、

原発ノーのブレイクスルーを後押しするのでは、と私は微かな期待をもっております。

こうしたオシャレでファッショナブルでスタイリッシュなニューテクノロジーのブレイクを後押ししつつ、

泥臭い言論活動も同時に展開していこうと、今決意を新たにしております。

早くも、川内の再稼働の手続きに快哉を表明し、中電は次なる再稼働の準備を始めております。

もしも浜岡になにかあれば、わたしは間違いなくどこか知らない土地での生活を余儀なくされるか、その他不明な未来が待ち受けております。

青山先生と気持ちは同じつもりです。

今後とも自分なりに情報発信に勤しみます。

どうぞ、緩やかで強靱な連帯をお願い申し上げます。

2015/08/12 (水) 20:50:13 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR