道を遊ぶ 9

首と腰に関する過去記事 ←ここをクリック!





前稿に補足して、今回も少し腰痛とか首コリとか、この二大ジョイント部分にまつわる養生の話を続けます。

ということで、こちら↑冒頭クリック記事はもう随分と前に私が書いたクビコシ関連の記事ですが、

今、読み直しても、まあまあの、まとまり具合ですので、再読してみたらということで掲載いたしました。




いや実を言うとね、この首と腰に関しては本当はずっと再考したかったというか、

う〜んと、もっとハッキリと言ってしまうと、臨床上、アタシがもっとも重視している部分が

「こことここ」なんです。




いやいや、もっともっとハッキリと言ってしまいましょうか。

そう、つまりは「こことここ」さえ、快調にしておけば、恐らくはかなりの不調が改善されてしまうだろう、と

いうほどに実は「こことここ」は重要なポイントと言えます。





そいでなんで、そんなに重要なポイントかといえば、

それはヒトだけが直立二足歩行をする生き物というこの特殊な生態と関連しており、

地上で生きる生き物には重力という負荷が必ず加算されますが、そのヒトGの累積する箇所こそが

首と腰なのであり、特に腰の仙骨がうわやを支えていることは一目瞭然で、

この仙骨に灸をし続けた医師の故・原志免太郎博士は

60年間も毎日、仙骨に灸をし続けた結果、

なんと108才の健康長寿の偉業を達成したのです!




フフフ、いかに仙骨周囲の組織細胞のリモデリングが重要であるか、

が原博士によってとっくに立証されているのです。




仙骨に温灸をすると、ほんと足全体がモゾモゾと温まる快感に浸れます。

ウチの治療院の常連さんは、仙骨温灸を数回やっただけで、

長年のヒザの痛み、

腰ではなく腰からくだった遠隔部位の坐骨神経の支配領域のヒザの痛みが完治してしまい、

それ以来、まったく再発しません。





いやさ、今回のこういう内容って、ほんとはそんなに簡単に教えてはイケナイ、

なんというか、蔵にしまっておいて、ここぞという時にかつぎだす

ビジネス的なゼニ儲け戦略ネタなんだろうけど、

アタシは馬鹿(笑)もとい無欲恬淡、

いな、「医は仁術なり」を忠実に守ろうとする最後のジェダイ治療師だから、

どんなに重要な情報も無料奉仕で今後もジャンジャンと公開しちゃいます(笑)





首と腰のほぐし、だけでも相当の御利益に恵まれます。




人体はまるごとパワースポット!

スポンサーサイト

2015.08.11 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 鍼灸指圧

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR