気を観る 15

今朝は台風一過で雲の間からお日様が顔を出して、ニイニイゼミやクマゼミがそこかしこで鳴く、夏らしい朝です。

じゃっかんジトジトとまだ湿気が強いけどね。そういえば、この自宅パソコンがある部屋からは小屋とそこに連なる壁が見えますが、

先日、朝早くにパソコンに向かっていると、なにやらチュンチュンと7匹ほどのスズメが壁のテッペンに勢揃いして、

こちらを向いて整列しておりました。その時はただ、なんだろ?って思って、そのままパソコンに書き込みし続けて、

それから朝食を頂いて、ちょっとたって、アッ!と思って、小屋の軒下を見に行きました。

そしたら、やっぱりあった、あった!どうもここんところ、スズメが軒下にせわしなく出入りしているのを

なんども見ていて、うんっ?巣でもあるのか?と思っていたのを思いだして、

それでちゃんと見にいったら、随分と立派な大きな巣がちょうど小屋の軒と壁の微妙な隙間スペースに造築されていました。

づるづると引っ張り出して落としたら、ほんと見事なラセン形の巣の中心部には凹みがあって、

はは〜ん、そうか!巣を借りたお礼を兼ねて、巣立ちの挨拶の整列をしてくれたんだ、と合点がいきました。

まったく、殊勝なスズメたちの礼儀正しさには参りましたよ(笑)




前稿では私たちホモサピエンスのご先祖様は7万年前のトバ火山の大爆発による噴煙が太陽光線を遮る火山の冬によって、

絶滅一歩手前の1万人にまで生息数が激減したことに触れました。

その7万年前の急激な地球の寒冷化を生き延びた1万人のホモサピエンスのなかから、

その後2万年を経過して、さらに選び抜かれた150人ほどのホモサピエンス集団が東アフリカを出立したのが、

今から5万年前と言われております。

つまり、実はこのたった150人のホモサピエンスこそが本当の意味での私たちホモサピエンスの種民(しゅみん)だったのです!

これだけ少ない人数からすると遺伝子プールの多様性から見れば極端なボトルネック効果によって、

遺伝子の多様性は失われ、一見、サバイバルには不利なDNAしか保有していない危険性すらあるこの150人集団は、

実はある意味、アベンジャーズでXメンな最強集団だったであろうと私は推測します。

この最強150人ホモサピエンス種民がおれらの祖先なんだぜ!

その子孫が今や72億人!

地球はものすごいことになってるってわけだ。




まっ、だからさ、人類はそのうちとてつもない事を考えたり、発明したりして、

どうにかこうにかこのハリボテ文明を修正して、けっこうイイ感じの共生文明を築くかも、

なんて甘いこともたまには考えてみると、精神衛生上、好ましいかもね。



セミだって、かれこれ3億年くらいは子孫を伝えているし、

人類は630万年くらいしかまだ継続できてないけど、

このDNAは40億年くらいの歴史をもってるからね。



ネバネバヒートにたくましく生きていきまひょ(笑)





※ お待たせしておりましたが、本日7月18日15時に

「養生アルカディア 凝りを巡る哲学的考察とセルフケアについて」vol.2

がアップされます。どうぞよろしくご堪能くださいませ。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

養生アルカディア 第二弾 ←ここをクリック!





スポンサーサイト

2015.07.18 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 鍼灸指圧

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR