気を観る 13

だいたいノストラダムス的な終末論というのはあの忌まわしき地下鉄サリン事件を想起するように、ようはカルト宗教の客寄せパンダロジックであって、

また酸化こそ諸悪の根源という論理でなにやら怪しげな健康法を吹聴するヤカラもまた、同じような不安感を煽ることで集客する言わばステルスマーケティングな詐欺の常套手段と分析できてくる。

たしかに福島事故原発の地下がどうなっているのか?は不安ではあるが、だからといって私ら庶民にはそれを処理することもできないし、

いくら声高に放射能の危機を主張しようと、大衆は見ざる、言わざる、聞かざる、の3猿を決め込んでいるから、なにを言っても無駄。

で、それなら戦法を変えるしかないというわけでもないんだけど、こちらも色々と仕掛けを工夫して、それなりに情報発信の仕方を変化させているつもりです。

恐らくは一両日中にトリニティウェブに連載がスタートした「養生アルカディア 凝りを巡る哲学的考察とセルフケアについて」の第二弾がアップされますので、

どうぞそちらの最新記事も期待していてください。

今夏は映画「ターミネーター」の最新作が公開となっているわけですが、現実のリアルな地球世界もまったくこのターミネーターのプロットの通り、核戦争後の未来となっており、

また日増しに放射能濃度が増しているかもしれないこの地球上の姿はまさに映画「トータルリコール 2012年版」に描かれた人の住めないノーゾーンな地上の姿の顕在化であるのかもしれない。

こうした暗い未来が予測できたからというよりも、やむにやまれぬ鍼医魂に突き動かされて私は3.11勃発後8時間半にして、ネットに放射能防護の養生法アイデアを書き込み、

それ以降、今に至るまで4年以上も内部被曝による健康被害をいかにして未然に防ぐか、の提言をしてまいりました。

この内部被曝を追及するその原動力はひとえに「怒り」にあった、といって間違いありません。

では何に対する怒りかと言えば、一番大きいのはやはり自分が在籍する東洋医学界に対しての怒り、ということになりましょう。

我が業界の医学思想の根本にはバイタルフォースの源としての「気」というイデアがあることはご承知の通りであり、これが単なる観念の妄想などではなくリアルにこの指で感触できる何らかのエネルギー情報であることは、

すでに再三にわたり私は指摘しております。

たしかにある種の訓練を経なければ「気」をその指で実感することは難しいですが、この気というものは決して架空の産物ではなく、実際に存在するひとつの生命エネルギーの表象であります。

この微細な生命エネルギーを操ることを至上目的とし、気を操るからこそ治病という目標が達成できる東洋医学において、

気というバイタルフォースが3.11後はずっと放射能の侵襲を受けて、気力が低下し、心肺がセシウムやプルトニウムに侵され、あらゆる組織臓器が機能低下する極めて重大な事態が進行しているわけです。

それなのになぜ、この業界の名人やカリスマや重鎮たちは、いまだに放射能危機に対して口をつぐんでいるのでしょうか?

このことに対する猛烈な怒りこそが、わたしの情報発信の原動力でした。

怒りはまったく収まっておりません!

だから、今後も私は私なりに放射能防御のための東洋医学を提唱していきます。

指圧によって体内に分泌量が増す一酸化窒素というガス分子は、ご存知のように血管を拡張し血流を促進し、免疫細胞の主役であるマクロファージを活性化し、脳神経の情報伝達物質として機能することで脳を活性化し認知機能を高めます。

たかが指圧、されど指圧が、放射能に対抗できる決定的な医療であることは、まだほとんどの人が知りません。

こうしたまだ知られていない東洋医学の放射能防御な魅力もまだまだ声を大にして発信していかねばなりません。

ちまたには雨後の竹の子の如く様々な健康指南番やヒーラーが出現しておりますが、それもご時世なんでしょう。

かの日本を代表するプロダクトデザイナーの川崎和男氏も今後のトレンドは「健康」である、と発言しております。

世の動きに敏感なデザイナーはすでに凄惨な未来図を正確に予見しているのかもしれません。

むろん気を通して命を観つづけてきたハリィーは、3.11勃発後にすぐに暗い未来予想図を想像し、放射能対策にうって出たことはこれまで記述した通りです。

時代はとっくに大きく動いています。

「変わらなくあるために、変わりつづける」営為は続きます。

夏本番ですかね?

いよいよセミの声がそこかしこから聞こえてきます!

スポンサーサイト

2015.07.15 | | コメント(4) | トラックバック(0) | 鍼灸指圧

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/07/15 (水) 17:49:50 | | # [ 編集 ]

Mさんへ

海外在住にて一時帰国の際に、当治療院「光伯堂」の治療を希望する旨のコメント、たいへんに嬉しく光栄に存じます。

ステイ型で当院へ来院されるクライアント様には、クルマで10分以内の静波海岸にある静波リゾート・スウィングビーチホテルをお勧めしております。

こちらのホテル・スウィングビーチの総支配人を自分の従兄弟がやっている関係もあり、アポや細かい調整がとりやすいのと、

このへんではいちばん大きくキレイなホテルということで、Mさんの来日時もこちらをお勧めします。

もしも帰国されて、予定が組めましたら、自分の治療院に電話してください。泊まる日程がわかれば、

従兄弟に連絡してホテルの部屋の具合を確認し、おって連絡いたします。

また、自分を介さなくともホテルに直接予約してくださっても結構です。

素泊まり、朝食付き、朝夕食付き、夕食コース付き、と泊まるコースはバリエーションがあります。

スウィングビーチホテルのホームページにアクセスしてくだされば基本情報は入手できますので、そちらもご参照ください。

では、ご来院を心よりお待ちしております。

2015/07/16 (木) 05:36:48 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

懐かしいな スウィングビーチホテル

 いいですよ!うちはベッドと隣に畳のついた部屋になって とてもゆったりできました。従兄弟さんのお蔭?(*^^)v 歩けるところにコスモスコーヒーあります。うまいですよ。いつしか地元民なので宿に泊まれないのも寂しいような……

2015/07/16 (木) 07:36:17 | URL | ばっちゃんわらす #- [ 編集 ]

なんせ静波リゾートっすから(笑)

ばっちゃんわらすさんご夫婦と、初めてお目にかかった思い出のホテルですね。

今月末には九州からのクライアント様がスウィングビーチホテルに2泊する予定です。

本日午前には東京からビューティーなクライアント様が初来院されて、昨日は宮城県は仙台市から、

また、名古屋、大阪、福井県からも、ここのところクライアント様がご来院されてます。

国内は遠方から、また海外からなど移動距離が長いクライアント様には、

泊まりでごゆっくり静波リゾートをご堪能するなんてプランも宜しいかと存じます。

どうぞ皆様、工夫されて当院をお楽しみ下さいませ。

遠方からお越し頂いたクライアントの皆様、本当にありがとうございます。

またのお越しを心よりお待ちしております。

2015/07/16 (木) 20:10:01 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR