気を観る 3

試してガッテン的なアドバイス(笑) ←ここをクリック!





「この方法が身体にイイ」とか「これを食べると免疫力が上がる」とか今後はこういった安直な自動販売機でジュースを買うように、なにかを入れたら欲しいモノが手に入るみたいな養生法アドバイスはしません!

と宣言しておきながら、その舌の根の乾かぬうちにまたぞろ、冒頭クリック記事のようなアドバイスをするところがハリィーのハリィーたる真骨頂と自画自賛(笑)

ええと、昨日は遠くは大阪市から新幹線とバスを乗り継いで陸の孤島である牧之原市は我が治療院「 鍼灸指圧 光伯堂 」へとお一人でお越し下さった S.K様から、治療中に

「スタミナが切れた時に即効で効くモノってありますか?」

と聞かれて「クエン酸系の酸っぱい果物なんかがイイという説があって、自分も以前にブログでキウイフルーツを宣伝しまくった時期がありますが・・」

などとお話しさせて頂いたんですが、そういえば伝家の宝刀カプシカム属のシシトウ、ピーマン、パプリカ、トウガラシがあったでは、あ〜りませんか!

ということでスタミナが切れてファイト一発!を期待するご諸兄にも、シシトウを炙ってご賞味いただきますれば、意外に霊験あらたかかもしれません。

なんでも養鶏家の方々に伝わる弱った鶏を蘇生させる即効的なやり方が、トウガラシを浸した水を飲ませるとかで、これで食欲が減退して元気がなくなった鶏が

アッという間にピンピン!になるということですから、カプサイシンやカプサンチンの効能はまんざらでもないようです。

冒頭クリック記事は以前に私が飯山一郎さんの交流掲示板「放知技」に投稿したものを、どなたか有志の方がまとめて阿修羅掲示板に貼ってくれたものです。

こうして私の言説が少しづつクオラムセンシングに拡散されていくことも、またひとつの「養生アルカディア」ムーブメントであると実感しております。

新レーベル「養生アルカディア」が発足できたのも、ひとえにこれまで本ブログを読んでくださった読者様のお蔭であり、

当院へお越し下さった患者さま、クライアント様のお蔭であり、

山崎農業研究所の季刊誌「耕」の編集長のご指導ご鞭撻のお蔭であり、

今回ご贔屓にしてくださったトリニティウェブ代表者様、並びにトリニティウェブ編集部様のお蔭です。

ここにおいてこれまでの本ブログならびに私へのご贔屓、ご支援、ご指導のすべてに改めて多大なる感謝を申し上げます。

本当にありがとうございます!







さて気の続きですが、端的に申して私が「凝り」を触るなかで何を観ているかと言えば、

これが気であり、気しか見ていないと言ってもいいほどに、

わたしと気の付き合いは長いのです。





それで話題の「活きた凝り」は治療していて良く気が動く凝りという意味で

「死んだ凝り」は治療していてもあまり気が動かないか、全然、気が動かない凝りのことを意味します。




気が動くという生理現象の内部では恐らくは分子レベルのリガンドの発動が活発化しており、

βエンドルフィンや一酸化窒素やヒートショックプロテインの分泌量が増大していることでしょう。




そういった意味でも、冒頭のネタに戻りますが、トウガラシを含むカプシカム属の野菜類を食べることは気の動きをよく高めるだろうと推定されます。

「凝り」が強い体質の皆さんも、今からが旬のシシトウなどを炙って塩またはお醤油をつけて食べる、そんな小さな積み重ねを習慣化することで「凝り体質」から脱却できるかもしれません。






本記事はかなりアルアル大辞典か、試してガッテンに近い安直なコンビニ養生法指南かも?

いやいや、実際はこれだけのアドバイスをするには、それ相応の年季が要るんですよ、とちょっと自己弁護を打っておきましょう。





辛味は東洋医学では肺臓と大腸に効くとされます。

気管支が弱かったりする場合にも効果的かもしれません。

もっともあまり好きでもない方には辛味を無理に勧めることはいたしません。

なんでも美味しいと思えるモノが、やっぱり身体にイイと私は考えます。







以上、「養生法の探求的アルアル試してコンビニ養生法」の巻でした。

ハーハッハッハー(笑)

スポンサーサイト

2015.07.03 | | コメント(5) | トラックバック(0) | 鍼灸指圧

コメント

先程は、拙ブログへのコメントありがとうございました。

仕事の納期はもう少し先ながら、全く勢いが出てこないので、こちらにお邪魔虫して、コメントの続きを書いてます (^_^;)


そう、ワタシラのような人種(?)は、世の趨勢があまりにも一方に偏りすぎると、思いっきり“熱く”異論を唱えてしまいますが、かと言って、100%否定してる訳じゃない。

周囲からは「過激な人」みたいに思われがちですが、ヒジョーに安定した「バランス感覚」を持ってるのが、ワタシラなんですけども、なかなかご理解いただけず・・(笑)

我が家も夏はししとう系をよく食べます。
身体が自然に欲しがりますものね。


お姉様のブログにも、美味しそうな ししとう が頻繁に登場するので、いつかご相伴にあやかりたい・・

というか、実は、ハリィ〜ズ・シスターに、折り入ってご相談というか、ダメもとのお願いがあるんですけども、ご連絡しちゃってもよろしいでしょうか?


アルカディアに“魔界”的要素を確保しておく為に、色々な“種まき”をしておきたいと目論んでおりますv-12


2015/07/03 (金) 08:51:16 | URL | sasara #v14okzU2 [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/07/03 (金) 08:53:20 | | # [ 編集 ]

駄文・アホ

お久っす。

新連載オメです。

個人的感想www
ラーメン次郎のようなコテコテ感が抜けて、さっぱり醤油系ラーメンに成った感じですかねwww
灰汁が抜けて読みやすいかと。

此方の本ブログも読みやすい文体に変化してるから、少し寂しく感じる部分は有りますわwww
ラーメンはアッサリ系です(次郎は一回食べれば十分、二度と行かないわ)

シリーズ的には暴走コテコテ系も、どこかで復活させてくださいwww

ではでは。

2015/07/03 (金) 19:43:49 | URL | クチブラ #2JEUmp5Q [ 編集 ]

憂いを激辛で乗り切る?

肺は、憂鬱に関連した臓器とか。

うつ病が流行りはじめて、「激辛ブーム」

人体が求めていた?


ではまた。

2015/07/03 (金) 21:04:03 | URL | 忠武飛龍 #RFphBmaY [ 編集 ]

ダダイズム

sasaraさん、つまりはウチラはダダイストみたいな駄々っ子キャラなんだけど、

日本的な言い方では天の邪鬼みたいな性格ってことかしらね(笑)

規範は重視するけど、規範に縛られない、というのがバランス感覚とすると、

特に現場では理論が役に立たないことがあって、理論の空虚さを乗り越える作業が続きます。

そうした肌と肌を触れる鍼灸指圧術の実践の過程で見えてくるひとつの越えられないウォール、境界、きわ、その断崖の絶望感、魔界の入り口みたいなものを

もう本音で本気で語ってもいい時期かな、なんてね。

「こうすればこうなる」という淡い希望的推測を寄せ付けない峻厳なる命の不可解さ。

その命のダークサイドな混沌の深みを直視する勇気なんて表現すると、随分と俺も修羅場をくぐってきたベテランみたいに思われて何だけど、

アタシはまだまだ、ただひたすらに貝原益軒の如く「畏れと慎み」をもって命に頭を下げてひれ伏して対峙しているに過ぎません。

新レーベルでも、こちらでも、今後はこういったウォールの周辺やその向こうを語っていきますので、乞うご期待!

姉にはアクセスできるように準備しますので、その旨でよろしくお願い申し上げます。







おーい、ブラちゃん、おひさじゃん!

意識的にアッサリ系の文体にしてるというのもあるけど、ほれ、年とるとアッサリ系が良くなるから(笑)

ラーメンはここんとこコッテリ?の担々麺系が好みだけどね。

アクションペインティングの旗手ポロックのドリッピングでオールオーバーなべったりマチエールみたいな記事も随分と書いたけど、

たしかに最近はコンセプチュアルアートかミニマルアートみたいなシンプルな記事になってきてるかもね。

それでちょっとバロックに戻したり(笑)

アンデパンダンでダダイズムなアンフォルメルがモットーだったんだけど、そこにこだわるのも自縛的で自由がないし。

ということで、スタイルはどんどん変えていきますから、またロココなコテコテ調が復活することもあるかもしれません。

取りあえず、新レーベルの方も徐々にヒートアップしていきますし、こちらも連動していく予定です。

ブラちゃんの変わらぬ強烈強力な御加護(笑)を今後ともよろしくお願い申し上げます。







飛龍さん、かの江戸期の元祖HSPドクターである後藤艮山師匠が、

このトウガラシの薬効に注目し、気の鬱滞を散ずる目的で患者達に推奨していたようです。

気の停滞が鬱の原因とするなら、鬱病の蔓延を回避せんとする自浄作用が激辛ブームと見ることはビンゴかもね。

でも、アマシシトウなんて品種は別に辛くないし、辛味というよりもフィトケミカルのカプサイシンやカプサンチン、カプシノイドに薬効がありそう。

ようはバニロイドレセプターの活性化なんだろうけど。

こういった野暮な分子レベルの分析はまあ、どうでもいいって言えばどうでもよくて、

早い話しがその時期に旨く感じる食べ物がいっち身体にイイということになりますかな。

2015/07/04 (土) 05:33:40 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR