G 戦上のハリヤ 10

「ツボとは何か?」

という命題も、これまた

「気とは何か?」

と同じくらいに悩ましい難題です。





でも、ザックリと適当にズバリと解答を提示すると、

「ツボとは身体の使い方の動線上に立ち上がる変性タンパク質の集積部位」

なんて、言い方ができます。





それで、この身体の使い方という事では、やはりGショックとの対応がメインになってきます。

よって、Gショック負荷のかかる部位に、やおら変性タンパク質が集中し、その結果、その部位に凝りが出現するのです。

してみれば、「凝り=変性タンパク質=Gショック・ポイント」と言えます。





それで、ではGショック負荷がどんな部位に集積するか?と探ると、

まず、首肩付近にはスイカの大玉1個分の頭部のGが常に負荷されます。

また腕1本の重さも4キロ近くありますから、両腕で8キロの重さGがズッシリと肩にのしかかります。

それから、この頭部、両腕、胴体の重さは全部で全体重の65%ほどになりますが、この65%Gをヒトは腰、特に仙骨付近で受け止めます。

よって仙骨にはモロに常に65%の体重Gが累積加算される計算です。

あとは、股関節、膝、足首、そんな脚のジョイント部分の関節には、むろんのこと、同じく65%Gが分散負荷されます。

つまり、今言った、Gショック・ポイント付近に、凝りが出現するわけです。






アヴァンギャルド鍼灸指圧師ハリィーが命名した新ツボ3大メッカの

「ハナオカ」「RBポイント」「仙サイド」

は、もちろんGショック・ポイント付近に存在します。






鍼の道に入り、ツボを探る旅路は、すなわち人類の直立二足歩行の歴史を反芻し、俯瞰し、身体の使い方を分析する作業でもありました。

「ツボとは何か?」の答えの一端は、臨床歴23年でほぼ解明されました!






人類は常に自分の体重を支える宿命を帯びています。

地球の引力や月の引力が交錯するこの地球の表面にへばりついて、立ち続けることは、実はとてつもなく過酷な作業なのです。

ただ、立つだけで抗重力筋が、収縮しています。





Gとの戦いに明け暮れる人類が、なにをとち狂って意味不明なヒト同志の殺し合い、戦争などする必要がありましょうか?

戦争なんてやってる場合じゃあない!

だって、いつもヒトは重力Gと戦い続けているんですからね。

地球1Gと戦っていれば、もうそれだけで沢山だよ!






そんなG戦上の疲れを温灸で癒し、鍼で癒し、指圧で癒す、

ハリヤのハリィーが主催する光伯堂癒しグランドツーリングへ、

いざ出発だぁーーーーーーー!





うんっ、またなにげに営業入ってるな(笑)

ということで、本シリーズはこれにて、おしまい。

スポンサーサイト

2015.11.29 | | コメント(18) | トラックバック(0) | 身体操法

G 戦上のハリヤ 9

「痛いよ、とっても痛い、でも、このあいだよりは痛くない、けど、やっぱり痛い(笑)このあいだは、こんな感じでのけぞるほど痛かったけど、あっ、でも、やっぱり痛い(笑)」

「ハハハ、べつにそんなに強く押してないんだけどね。ここがコンロンね。そう、あのアイスマンが入れ墨、つまり鍼治療をしたと言われてるツボね」

「そのアイスマンのコンロンが効くのよ!ここんとこ、集中的にコンロンを押してもらったら、夜中に寝ていてフクロハギが痙攣して、足の指が内側にひねれて、痛くて痛くて飛び起きて、それから立って、足を揉んだり、足の指先を1本1本もとの位置に戻したりして、もうイヤになっちゃうって、寝不足になってたのが、アンタ、治っちゃって、アレから寝ていて足のツルのが出ないもん」

「あっ、そうなの!へぇ〜、コンロンって、そんなに効くんだ!だいたい腰痛とか足首の痛みにはコンロンは、よく使うツボで、ポピュラーなツボなんだけど、そういえば、腓腹筋のこむら返りも主治症に入っていたかも。アイスマンは実は坐骨神経痛だけでなく、こむら返りを治すのにもコンロンを使ったりしたかもね」

「でも、ほんと、コンロンを押してもらっていたら、寝ていて足がツルのが治って良かったよ!だって、寝ていて途中で起きるだけで寝不足になっちゃうから、お肌にも良くないし。あ〜、スッキリした。あっ、あと、そこもコンロンみたいに、なんかあるツボよね。いっつも、イ〜ッタイもん(笑)華岡青州の妻じゃないけど、アタシが実験台になるから、もう、なんでもやってよ、先生」

「ダハハ、そんじゃあ、このツボの名前はコンロンに対抗して、ハナオカなんてどうですかね?なかなか華があって、いいネーミングでしょ?実際にココは、まだノーマークのツボで、まだブレイク前というか、アタシが23年の臨床体験でようやく発見したツボだから、そんなに簡単には公開できないんだけど、オハコの持ちネタならぬ、持ちツボとして大事にとっておきます」

「なによ、もったいぶって(笑)、でも、そういうのも大事!先生でしか描けない世界は大事にしたほうがイイよ。あ〜、でも、ほんと、指圧は最強の遊びよね?」

「あっ、Sさん、素晴らしいコピー!『指圧は最強の遊び』、これ頂きますね(笑)」

2015.11.21 | | コメント(25) | トラックバック(0) | 身体操法

G 戦上のハリヤ 8

『養生アルカディア』vol.9 ←ここをクリック!





ご覧の通り、全面リニューアルとなった、トリニティウェブ!

イッツ クール!




そのクールな画面に、先陣を切って、わたくしハリィーが、

全世界を震撼させている(笑)気論を展開しております。





どうぞ、熟読、吟味のうえ、感想など ↓ お待ちしております。




あっ、超短い記事(笑)




まっ、続きは、じっくりとコメント欄で。

2015.11.12 | | コメント(28) | トラックバック(0) | 身体操法

G 戦上のハリヤ 7

あらゆる遊びを遊び尽くしたディレッタント(趣味人、粋人)に残された最後の秘境、それは養生!

養生の本質を求めてやまない命の真相を必死に欲する者のすべてが最後にたどり着く秘境はいったいどこにあるのか?

ここはニッポンど真ん中、静岡県は最南端の御前崎の手前、公共交通機関の鉄道すら通らない陸の孤島。

そんなアクセスの悪い僻地である牧之原市の一画に立つヤレが目立つ二階屋のジミなテナント。

その二階に今から23年前にとあるアヴァンギャルドな鍼灸指圧師が開業したその鍼灸院こそが、

今、話題の「鍼灸指圧 光伯堂」だ!

閉ざされていた扉はついに開かれた!

ぞくぞくと全国から自律的な養生を実践せんとするツワモノどもが集結している!

なんと頼もしい仲間たちだろう!

さあ、いよいよ養生ツーリズムのトレンドが

インフレーションにビッグバンに立ち上がる!

あなたもこのビッグウェーブに乗り遅れるな!





ダハハ、ちょっとひとり電通博報堂、いや光伯堂(笑)な

広告宣伝的なコピーをブチ挙げてみました。






そう、それで、アタシの持ち味は、

まず指圧ね!!!!!




自分の治療のなかで一番重視している術が指圧。

そいで次ぎが温灸で、

最後がハリ。





この①指圧、②温灸、③ハリというランク付け。

けっこう珍しいでしょ?



鍼灸指圧師だけでなく、一般の方々も普通は、

鍼灸の方が術的にランクが上と錯覚している。

でもね、なんといっても、全身を丁寧に触診しながら治療する指圧という術の凄さ、

崇高さ、気持ちよさは、

もうなにものにも代替できないラグジュアリーな

そう、贅沢!なのです。





「指圧は究極の贅沢」

はい、テストに出ますので、

みなさん、暗記しましょう(笑)






それで、そんじゃあ、温灸やハリは二の次で価値がないのか?

と問われると、困っちゃうんだけど、

こういうわりと高効率の資本主義にピッタリの治療はね、

俺じゃなくても、みんなやってるから、

べつに俺が今さら強調するまでもない。





もちろん、ハリキュウはもの凄くイイよ。






でも、ハリキュウの良さは、それを専門にしている鍼灸師が言えばイイわけで。

アタシはとにかく、指圧の良さを今後もめいっぱい全力でアピールしていきます!





指圧のGショックに身をゆだね、

指圧イタ気持ちイイGショックにより皮膚と血管壁から

細胞核セントラルドグマで合成分泌される一酸化窒素と

βエンドルフィンとヒートショックプロテインにより、

皮膚、血管、筋肉、組織、器官、臓器、体壁筋肉系、腸管内臓系、

四肢百骸、五臓六腑、身体髪膚の

すべてが拡張され、鎮痛され、保護される時、

重力Gショックや作業負荷Gショックやスポーツ運動Gショックの負荷により

痛み傷つき変性したタンパク分子が次々にほぐされて、修復される。

その至福の、ひととき。

まさに、あなたの体内は桃源郷と化すのです。





南の島のリゾートに行くのもイイけど、

こんな近場にも養生リゾートは転がってるんだよ!





指圧する、食べる、飲む、買う、走る、観る、泊まる、etc

光伯堂の周囲にはあなたを癒す、スペシャルなすべてが揃っている!




さあ、癒しのリゾート光伯堂へ!

養生イリュージョナリスト(いつからマジシャンになったんだ 笑)、

アヴァンギャルド鍼灸指圧師ハリィーが、

あなたをフォースきらめく身体宇宙へいざないます!






なんだか、ほんと、広告代理店もどきな、記事でした(笑)

2015.11.05 | | コメント(32) | トラックバック(0) | 身体操法

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR