trophic effect

「梅干しの力」椿茶屋ブログより ←クリックしてお読みください!


わたしの姉夫婦が静岡県は藤枝市の岡部にて

椿茶屋というカフェを営んでおります。

ここは昔ながらの美しい日本の里山や

田園風景が広がる実に風光明媚な名所です。

その椿茶屋の毎日更新されるブログに、

一昨日は自分の過去記事が掲載されました。

記事タイトルは「ブルータス ぴくぴく」というものです。

感の良い方はピンと来ると思いますが、

自分たちの子供の頃の人気テレビ番組の「お笑いスター誕生」

に出た筋肉漫談が持ちネタの「ぶるうたす」をもじりました。

筋肉がどんどんと痩せてしまう症候群は、

いまではサルコメペニアと呼ばれ恐れられています。

自分もすでに46歳を過ぎて、寄る年波を痛感しております。

使っていなかった筋肉がやせてきたのを実感し、

本年の正月より、また(笑)筋トレを本格的に始めております。

チャンバラエクササイズを6ヵ月経過し、

いまは、懸垂と腕立て伏せをメインにプログラムを実践しております。

筋肉も含めて人体組織は使うことで、発達します。

世の中では絶食や少食がブームですが、食べないことは、

腸の微絨毛のセンサー細胞を使わないことを意味します。

口から消化管に食べ物が入ってこないと、

小腸の表面の微絨毛は枯れていき、センサー細胞が消失してしまいます。

こんな悲惨な結果になる少食や絶食が果たして健康な効果をもたらすのでしょうか?

大いに疑問です。

食べるから腸のセンサー細胞が食べ物の分子を受容し、

その分子に応じたホルモンを分泌するのです。

濃いブドウ糖に反応して小腸の表面にあるEC細胞がセロトニンを分泌します。

セロトニンはご存知のようにウツ病を予防し治療する

やる気のもとになるホルモンです。

つまりブドウ糖はセロトニン分泌になくてはならない栄養なのです。

甘いモノを食べて幸せを感じるのは、甘いブドウ糖に反応して、

小腸のセンサー細胞が消化管ホルモンのセロトニンを分泌するからなのです。

甘いモノを欲するには、それ相応の理由があったのです。

世はブドウ糖を制限する糖質制限の時代です。

極端な糖質制限は恐らくはこの小腸のブドウ糖センサー細胞のEC細胞を

枯渇させてしまうでしょう。

そのあげくにセロトニンの分泌が低下、もしくは消失し、

ウツ的な精神を引き寄せてしまうかもしれません。

大工さんや職人さんの10時と3時のオヤツには、

細胞のエネルギー源であるブドウ糖を補給し疲労を除去し、

小腸のEC細胞を刺激しセロトニンの分泌量を増して、

もう一度仕事に取りかかる「やる気」を再生する重大な効果があったとみなせます。

糖質制限という浅薄な医学的知識がもたらす新しい健康常識は、

いまやとどまることを知らない混乱を医学界に招き入れています。



「ホルモンによっては、その標的になる内臓を大きくする作用がみられる。
これを医学の方では「栄養効果( trophic effect )」という。
酒や枝豆のように特殊なものでなくとも、食物を腸に入れるということは、
さまざまなセンサー細胞を刺激して消化管ホルモンを放出させることであり、
これらのホルモンの少なくとも一部のものが、腸壁や膵臓に栄養効果を
及ぼすことになる。こうして、正常に食事をしていればー
とくにいろいろなセンサー細胞を刺激するようなバラエティーに富んだものを
食べていればー胃腸や膵臓は大きく保たれる。
逆に食事をとらなくなると、消化器系は細胞分裂が少なくなり、
臓器全体として萎縮する。この本の冒頭で書いたように、今日では患者さんの
静脈から必要なすべての栄養物質を注入して、何ヶ月も生かすことができるから、
食物を口から摂り、その栄養を腸から吸収することは生命にとって不要なことだと
思われがちである。しかしこれは思い違いであって、
腸に食物がはいって来なくなると、センサー細胞が消化管ホルモンを出さなくなり、
その栄養効果もなくなる。そのため胃腸の壁は紙のようにうすくなり、
膵臓も見るかげもなく小さくなってしまうのである。
これらの臓器も気の毒だが、もっと哀れなのは、私たちのセンサー細胞である。
食物の化学的刺激に感じてホルモンを出すという仕事がなくなれば、
この細胞の存在理由はない。むかし『唄を忘れたカナリヤ』という歌が
はやったが、まさにそれであろう」藤田恒夫『腸は考える』岩波新書




筋肉もセンサー細胞も、ミトコンドリアも使うことで栄養効果が発揮され、

ますます発達してくる。

バラエティーに富んだ食事と、バラエティーに富んだ運動が、

腸のセンサー細胞を発達させて、筋肉を発達させて、

全身のミトコンドリアを発達させるのだ。

身体も頭も使うために存在する。

誰かが提示したドグマ(原理)を鵜呑みにするのではなく、

徹底的に頭を使って反証を試みる。

頭を使うとは、そういう作業を言うのだ。

懸垂はほんの少しの手の置き方の修正で肘の痛みが出ない、ことを体得した。

胸板がほんの少し厚みを増しています。

筋トレの trophic effectを体感する今日この頃です。

スポンサーサイト

2016.07.21 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 身体操法

ぺろタン運動

東京大学医学部を卒業された解剖学者で、もと東京芸術大学・教授の

三木成夫博士をご存知の方はどのくらいいるだろうか?

生前に出版された三木博士が書かれた唯一の本が「胎児の世界」(中公新書)だ。

この本のなかには、わたしをずっと鼓舞し導きつづけてくれたある一節がある。

自分が明治維新ショックドクトリンで完膚無きまでにトンデモ視されるまで

貶められた現代日本の東洋医学界でなんとかモチベーションを

保ち続けてこれたのは、ひとえにこの本のなかの三木博士の一節の

言葉があったからだ。

ここまで正確に明治維新以降の日本の医学界を分析俯瞰し、

ニュートラルに正統に東洋医学を評価した識者をわたしは知らない。

間中善雄博士と同様に三木博士はわたしのドキュメント上の永遠の恩師だ。




生前にはたった一冊の本しか出版されなかった三木博士の本だが、

死後ますますコアピープルのあいだで注目度が増し、

今では数冊の三木博士の本が他社からも出版されている。

わたしが所持しているのは先の書の他では「人間生命の誕生」(築地書館)だ。

この本も含めて三木博士のコンテンツをすべて吸収するには、

相当のレベルが要求される。




それはさておき、この本のなかに舌の筋肉が横隔膜や腹直筋や肛門括約筋と

連動するという指摘がある。

古来から重視された呼吸(コツ)とは、このような運動器や腸管内臓を

うまく連動させることを言うそうだ。

ここのところ何を思ったのか私は

「ぺろタン運動」を熱心にエクササイズしている。

「ぺろタン運動」とは私の命名した造語だが、ようはロックグループの

老舗ローリングストーンズのアイコン(目印)であるあの「リップス&タン」

のベロ出しマークのように、自分の舌ベラをべー!とか、ぺろっ!と突きだして、

舌ベラを動かす筋群と神経を鍛えているのだ。

さらに昨日あたりから、横隔膜や肛門括約筋を連動する呼吸(コツ)を探っている。




三木博士のコンテンツのすべてを吸収することはとてもできそうもないが、

こうした自分なりの咀嚼でなんとか通常エクササイズにまで落とし込む。

それが自分にできる三木博士への恩返し、と思う次第です。




「ぺろタン運動」は、場所も要らない、道具も要らない「0円健康法」

舌と頭と首と肺と心臓と腕と腹と足は全部つながっている。

一箇所の運動で全身を刺激できるはず。



ただし、公衆の面前、ひとまえでやるにはかなり勇気がいる(笑)

鏡の前か、ひとのいないところでの実践を推奨します。

2016.06.17 | | コメント(8) | トラックバック(0) | 身体操法

G 戦上のハリヤ 10

「ツボとは何か?」

という命題も、これまた

「気とは何か?」

と同じくらいに悩ましい難題です。





でも、ザックリと適当にズバリと解答を提示すると、

「ツボとは身体の使い方の動線上に立ち上がる変性タンパク質の集積部位」

なんて、言い方ができます。





それで、この身体の使い方という事では、やはりGショックとの対応がメインになってきます。

よって、Gショック負荷のかかる部位に、やおら変性タンパク質が集中し、その結果、その部位に凝りが出現するのです。

してみれば、「凝り=変性タンパク質=Gショック・ポイント」と言えます。





それで、ではGショック負荷がどんな部位に集積するか?と探ると、

まず、首肩付近にはスイカの大玉1個分の頭部のGが常に負荷されます。

また腕1本の重さも4キロ近くありますから、両腕で8キロの重さGがズッシリと肩にのしかかります。

それから、この頭部、両腕、胴体の重さは全部で全体重の65%ほどになりますが、この65%Gをヒトは腰、特に仙骨付近で受け止めます。

よって仙骨にはモロに常に65%の体重Gが累積加算される計算です。

あとは、股関節、膝、足首、そんな脚のジョイント部分の関節には、むろんのこと、同じく65%Gが分散負荷されます。

つまり、今言った、Gショック・ポイント付近に、凝りが出現するわけです。






アヴァンギャルド鍼灸指圧師ハリィーが命名した新ツボ3大メッカの

「ハナオカ」「RBポイント」「仙サイド」

は、もちろんGショック・ポイント付近に存在します。






鍼の道に入り、ツボを探る旅路は、すなわち人類の直立二足歩行の歴史を反芻し、俯瞰し、身体の使い方を分析する作業でもありました。

「ツボとは何か?」の答えの一端は、臨床歴23年でほぼ解明されました!






人類は常に自分の体重を支える宿命を帯びています。

地球の引力や月の引力が交錯するこの地球の表面にへばりついて、立ち続けることは、実はとてつもなく過酷な作業なのです。

ただ、立つだけで抗重力筋が、収縮しています。





Gとの戦いに明け暮れる人類が、なにをとち狂って意味不明なヒト同志の殺し合い、戦争などする必要がありましょうか?

戦争なんてやってる場合じゃあない!

だって、いつもヒトは重力Gと戦い続けているんですからね。

地球1Gと戦っていれば、もうそれだけで沢山だよ!






そんなG戦上の疲れを温灸で癒し、鍼で癒し、指圧で癒す、

ハリヤのハリィーが主催する光伯堂癒しグランドツーリングへ、

いざ出発だぁーーーーーーー!





うんっ、またなにげに営業入ってるな(笑)

ということで、本シリーズはこれにて、おしまい。

2015.11.29 | | コメント(18) | トラックバック(0) | 身体操法

G 戦上のハリヤ 9

「痛いよ、とっても痛い、でも、このあいだよりは痛くない、けど、やっぱり痛い(笑)このあいだは、こんな感じでのけぞるほど痛かったけど、あっ、でも、やっぱり痛い(笑)」

「ハハハ、べつにそんなに強く押してないんだけどね。ここがコンロンね。そう、あのアイスマンが入れ墨、つまり鍼治療をしたと言われてるツボね」

「そのアイスマンのコンロンが効くのよ!ここんとこ、集中的にコンロンを押してもらったら、夜中に寝ていてフクロハギが痙攣して、足の指が内側にひねれて、痛くて痛くて飛び起きて、それから立って、足を揉んだり、足の指先を1本1本もとの位置に戻したりして、もうイヤになっちゃうって、寝不足になってたのが、アンタ、治っちゃって、アレから寝ていて足のツルのが出ないもん」

「あっ、そうなの!へぇ〜、コンロンって、そんなに効くんだ!だいたい腰痛とか足首の痛みにはコンロンは、よく使うツボで、ポピュラーなツボなんだけど、そういえば、腓腹筋のこむら返りも主治症に入っていたかも。アイスマンは実は坐骨神経痛だけでなく、こむら返りを治すのにもコンロンを使ったりしたかもね」

「でも、ほんと、コンロンを押してもらっていたら、寝ていて足がツルのが治って良かったよ!だって、寝ていて途中で起きるだけで寝不足になっちゃうから、お肌にも良くないし。あ〜、スッキリした。あっ、あと、そこもコンロンみたいに、なんかあるツボよね。いっつも、イ〜ッタイもん(笑)華岡青州の妻じゃないけど、アタシが実験台になるから、もう、なんでもやってよ、先生」

「ダハハ、そんじゃあ、このツボの名前はコンロンに対抗して、ハナオカなんてどうですかね?なかなか華があって、いいネーミングでしょ?実際にココは、まだノーマークのツボで、まだブレイク前というか、アタシが23年の臨床体験でようやく発見したツボだから、そんなに簡単には公開できないんだけど、オハコの持ちネタならぬ、持ちツボとして大事にとっておきます」

「なによ、もったいぶって(笑)、でも、そういうのも大事!先生でしか描けない世界は大事にしたほうがイイよ。あ〜、でも、ほんと、指圧は最強の遊びよね?」

「あっ、Sさん、素晴らしいコピー!『指圧は最強の遊び』、これ頂きますね(笑)」

2015.11.21 | | コメント(25) | トラックバック(0) | 身体操法

G 戦上のハリヤ 8

『養生アルカディア』vol.9 ←ここをクリック!





ご覧の通り、全面リニューアルとなった、トリニティウェブ!

イッツ クール!




そのクールな画面に、先陣を切って、わたくしハリィーが、

全世界を震撼させている(笑)気論を展開しております。





どうぞ、熟読、吟味のうえ、感想など ↓ お待ちしております。




あっ、超短い記事(笑)




まっ、続きは、じっくりとコメント欄で。

2015.11.12 | | コメント(28) | トラックバック(0) | 身体操法

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR