地上の楽園

生命がこの地球に誕生したのは今から38億年前とされる。

その頃の地球には酸素がなかった。

だから地球最初の生命は酸素なしで生きられる生き物だった。

いまでも土壌中やヒトの腸内などにいる嫌気性バクテリアのたぐいが、

おそらくは地球最初の生命だったとされる。

今から27億年前ころになるとシアノバクテリアという

光合成をおこなうバクテリアが増えてきて、

二酸化炭素と水から炭水化物を合成し酸素を放出しはじめた。

その結果、地球には酸素が増えていった。

海中の酸素は海中の鉄と化合し、酸化鉄となって沈殿した。

いまわたしたちの身の回りにある鉄は当時、

海中に沈んだものが鉄鉱となり精錬されて製品化されたものだ。

やがて酸素が海中から大気中へと拡散していき、

地球の大気濃度に占める酸素濃度もあがっていった。

酸素を嫌うバクテリアはこの頃から土壌中へと住み家を移したのだろうか。

酸素を嫌うバクテリアにとって酸素は毒ガスに過ぎない。

シアノバクテリアは実は地球最初の環境汚染の張本人ともいえるのだ。

この地球の酸素濃度の上昇という激変に遭い、

そこから地球の生命形態が変容をはじめた。

今から20億年前、あるひとつの奇跡が起こる。

酸素を嫌うバクテリアと酸素を吸収できるバクテリアが共生融合を開始した。

この奇跡の生き物が自分達の祖先だ。

爾来、20億年、地上で様々な生命が誕生し絶滅し進化してきた。

もしもこの20億年前のバクテリア同士の奇跡の共生融合がなければ、

いまのわたしたちはここに存在しない。

このことの意味を本当にわかっている者がいまの地球にどれだけいるだろうか?

真核生物、ユーカリアと呼ばれる生き物の体内にはすべからくミトコンドリアがいる。

このミトコンドリアが酸素を吸着してくれるから、酸素の毒にやられずに

真核生物は地上で生きられるのだ。

もしもミトコンドリアがいなかったら、

いまの地球の様相はまったく違ったものになっていただろう。

酸素濃度が上昇した地上で生きることを可能にしてくれたのは

すべてミトコンドリアのお蔭なのだ。

ミトコンドリアがこの地上に生命の楽園を生みだしたのだ。

わたしたち真核生物界はいってみればミトコンドリア・ファミリーだ。

だから地球には、アーキア(古細菌)、バクテリア(真正細菌)、

そしてミトコンドリア・ファミリー(真核生物)の

3種の生き物ドメインがいるだけ、と言い換えることができる。

ミトコンドリアの重要性はどれだけ強調しても強調し足りない。

スポンサーサイト

2016.07.15 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ハリキュウ戦隊ミトレンジャー

いのちのタネ

野口のタネ屋・野口勲さんのミトコンドリア的タネ論 ←姿勢を正してお読みください




こちら冒頭に貼りました記事はご存知の方も多い在来種、

固有種のタネを販売するその筋では有名なタネ屋さんの

店主である野口勲さんの論説です。

野口さんは一時期から騒がれ出したミツバチたちの突然の大量失踪事件の

原因がミトコンドリア異常の植物にあると、独自の分析をされています。

生命とは何か?を追及していくと突き当たるのがミトコンドリアです。

ここのところわたしの脳裏に舞い降りているのが

「ミトコンドリアと生物種との共進化」というキーワードです。

現生鳥類のミトコンドリアは鳥の体内で2億年の時を共に過ごし、

発熱能力を上げて高体温の39℃を生み出す進化型ミトコンドリアに

エピゲノムに進化しています。

このようなミトコンドリアの進化は実はごく普通にヒトでも

起こっており、熱帯に住むヒトのミトコンドリアは発熱を抑えて

ATP産生を重視する方向へ進化し、寒冷地に住むヒトの

ミトコンドリアは発熱量を増して、ATP産生を抑制する方向へと

シフトします。そのせいでエスキモーには男性不妊が多くなります。

どういうことか?

つまりエスキモーの男性の精子のミトコンドリアのATP産生量が

抑制された結果、その精子の運動量が落ちて卵子にまで到達できない

ことで男性不妊が起こるとされます。

おなじような機序で作られているのが現在のF1種のタネということです。

種なしの野菜を食べ続けていると、いったいひとの身体にどんな変化が現れるのか?

これもまた壮大なる人体実験と言えます。

今から20億年前、原始真核生物とミトコンドリアの祖先が共生融合を開始しました。

この奇跡的なミトコンドリアとの共生融合がなかったら、

いまもこの星には恐らくは真核生物は存在しなかったでしょう。

見渡す限り、目に見える生物らしいものは一切見えない清らかだが、

あまりに殺風景な星。そんな地球であったことでしょう。

しかし、実際のわたしたちのいまの地球は実に生物多様性に満ちあふれています。

我が家は牧之原市の田舎ですから、周りを茶畑に囲まれて緑の景色です。

うちの庭は雑草だらけですが、バッタやセミやカナブンやチョウをはじめ

昆虫たちの天国です。土をほじればミミズが湧いてきます。

土壌はミミズたちが生みだしています。

空にはいつも鳥が舞っています。

こんな当たり前の命あふれる世界は、いったい誰のお陰で出来たと思いますか?

そうすべてミトコンドリアのお蔭なのです。

ミトコンドリアがもしも原始真核生物と共生融合しなかったら、

うちの庭も茶畑も、いやわたしという存在もなかったのです。

この地球の生物多様性はひとえにミトコンドリアが生みだしたのです。

地球を生命溢れる星に変えたミトコンドリアはまるで地球の命のすべてを

見守りコントロールするあの手塚治虫の漫画「火の鳥」のイメージに重なります。

奇遇にも野口さんもまた「火の鳥」をお店の看板娘に据えておりました。

ミトコンドリアこそ地球の「いのちのタネ」です。

ミトコンドリアに命を読み解く鍵があります。

ATP産生に舵を切るか、熱産生にベクトルを傾けるか、いずれにしろ

ミトコンドリアの数が多ければ対応はしやすいです。

ヒトという種とミトコンドリアの共生期間はわずかに600万年。

わたしとわたしのミトコンドリアの共生期間はわずかに46年。

わたしの46年連れ添ったミトコンドリアをさらに進化型に

バージョンアップする。少しハードな筋トレにもだいぶ慣れてきました。

わたしのなかの「いのちのタネ」を増やし継いでいく。

それが健康的であるための養生の究極の鍵かもしれません。

2016.07.05 | | コメント(12) | トラックバック(0) | ハリキュウ戦隊ミトレンジャー

鳥に学ぶ

地球に生命が誕生したのは今から38億年前とされる。

いわゆる現在も土壌中やヒトの腸内にいる

嫌気性バクテリアが地球で最初の主たる生き物だった。

嫌気性というのは酸素を嫌うという意味だが、

38億年前の当時は、まだ酸素は地球上にはほとんど無かった。

この嫌気性バクテリアは、だからエネルギーであるATPを生み出すために、

硫化水素やメタン、アンモニアなど当時の地球に当たり前にある元素を

電子受容体にした。

今現在のわたしたちヒトを含む地上で繁栄している生き物たちは、

酸素を電子受容体にする真核生物と呼ばれる一群だ。

この酸素というシロモノは今でも嫌気性バクテリアにとっては、

毒でしかない。だから酸素のない深い土壌中や酸素に触れることがない

ヒトの腸管内で嫌気性バクテリアは今もひっそりと暮らしている。

もしも今から20億年前にミトコンドリアの祖先のαプロテオバクテリアと

原始真核生物が出会い、融合し、共生することがなかったら、

地球は今も見渡す限り植物もない丸坊主の大陸と魚一匹いない海があるだけ

の実に変化のない淋しい景色の惑星だったかもしれない。

つまりバクテリアだけの惑星だ。

いまの変化に富んだ地球の姿から殺風景なバクテリアしかいない地球を

想像するのはなかなかに難しいが、もしかしたら、

宇宙のどこかには今もそんな星がありそうだ。

さて、ミトコンドリアが真核生物に共生をはじめてすでに20億年ほどが経過した。

そういう意味ではわたしたちの体内のミトコンドリアも20億年選手だ。

しかし人類と呼ばれる種とミトコンドリアの共生した期間は

わずかに600万年弱だ。

鳥類はご存知のように中生代に繁栄を極めた恐竜の子孫だ。

中生代にすでに鳥類型の恐竜が発生し、そこから今まで進化してきた末裔が、

今、このパソコンを打つ部屋の窓から見える電線にとまり

チュンチュンと鳴いているスズメだ。

だからスズメを含む鳥類のミトコンドリアは鳥類の体内で

すでに2億年の時を刻んでいる。

つまり鳥類のミトコンドリアは2億年選手と言える。

ヒトのミトコンドリアはわずかに600万年選手、

鳥類のミトコンドリアは2億年選手。

ミトコンドリア界の長老が鳥類のミトコンドリアで、

ヒトのミトコンドリアはまだまだ新参者、ビギナーと言えよう。

わたしが本稿で何が言いたいのか?

それではキモをズバッと言い切ろう。

つまりはヒトのミトコンドリアはいまだ進化の過程にあるのだ!

ある種が絶滅せずに地球環境に長く棲むということは、

その種がそれだけ地球環境によく適応できたことを意味する。

鳥類の体内温度はヒトの体内温度の37℃よりも2℃も高い39℃だ。

この高体温は恐竜時代からそのように高かったのか、

ここ2億年で獲得した形質なのか、はまだわからないが、

鳥類にとってはこの39℃の高体温が地球で生き抜いていくには

メリットが高かった

ということだろう。39℃というとヒトの場合はひどい風邪や、

インフルエンザに罹った時に発現する熱だ。

もしかしたら、ひとの発熱現象は超短期的なトリ的な進化と言えるのだろうか?

ミトコンドリアもある種との共生が長いと、その種の棲む環境に

適応してATP産生と熱産生のバランスを取る。

寒い地域に長く住めば熱産生の度合いを高めて、

反対に熱い地域に長く住むとATP産生に舵を切る。

黒人が短距離走に強いのは熱い地域に住んだ人種ゆえにATP産生の能力が高い

黒人特権であり、エスキモーが脂肪分の多いアザラシをたくさん食べて

熱産生を高めるのは寒冷な気候に適応したミトコンドリアが進化したお蔭だ。

さて今後のこの変化絶えない地球でヒトが長く生き残っていくには、

わたしたちはどんな風に進化したらいいのか?

をここで考えてみよう。

わたし的には、わたしたちは今後、自身のミトコンドリアの数を増やすことで、

生き残りをかけていけばいいと考えている。

ミトコンドリア数を増やせば、ATP産生にしろ、熱産生にしろ、

どちらにせよ、高効率になる。

ハイスペックでハイクオリティーな鳥類型のミトコンドリアシステムをいちはやく

獲得した者が、恐らくは今後、生き残っていく人類となる。

ひとはいつも空を飛ぶ鳥に魅了されてきた。

酸素のない真っ暗な土壌中からミトコンドリアのお蔭で陽の当たる世界を見ること

ができた。土中から地上へ、地上から大空へ。

鳥たちはミトコンドリアを進化させることで、さらに髙みへと舞ったのだ。

ならばわたしたちヒトもあとに続こうではないか!

鳥を見習って自分たちのミトコンドリアを進化させよう!

ミトコンドリア進化型ホモサピエンスが、

あらたな時代のケンシロウとなる。

2016.07.03 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ハリキュウ戦隊ミトレンジャー

火の鳥

「邪気を散ずること大いなる錯(あやまり)なり。邪を正にすることを療治というなり。(邪を)発散して当分治すること安し。のち、大いに災い出で、悪病を生ず。この病を発散して治せんと思う人は、病人の道具を盗み取り、或いは首を切るに同じ大罪至極なり」「邪気は元来、動気にして神なり。これを散ぜんと思わば(病人の)首を切る。実邪漏らさず留めて正に成さば万病治するなり。邪正一如なる事を明らかに知るべきなり」「我かつて病を治す事を知らずとなり。またいわく、病を治せんと思わば(病人の)首を切るべし。命は病、病は命となり」松田博公「日本鍼灸を求めて」緑書房



我が国の鍼医の一派が、かつて読み解いた命のありようが、ここに記載されています。

すでに何度も述べたように、わたしはこの言葉に出会った時に

雷に打たれたような衝撃を受け、得も言われぬ感情に突き上げられて

嗚咽混じりの涙を流しました。

医療者は患者の苦痛を取り除こうとするばかりに、その患者に出現している症状を

どうしても敵視してしまいます。

症状から病名を付けて、病因を割り出し、そこから徹底的にその病根を攻撃しに

かかります。そうすることで病気を攻略し最終的にヤマイを征服せんとするのです。

だから医療はドラマに満ちており、医療者はヤマイというモンスターに果敢に

挑む英雄、ヒーローとして描くに最適なモチーフとなります。

漫画、テレビドラマ、映画のエンターテイメントの世界で展開する医療譚はみな

すべて医療者をヒーローに描きます。

こんなイメージが生みだしたのが医療は患者の苦しみを取り除かねば意味がない、

という強迫観念です。

治療はうまくいく場合もあれば、そうでない場合もあります。

1回で簡単に症状が取れる場合もあれば、何年も治療してようやく

いくらか改善されるケースもあります。

現実の東洋医学の現場は、決してエンタメの世界のドラマのようには

うまくいきません。

奇跡の手、神の手、がやすやすと量産される時代に、

もんもんとひたすら自問自答する日々が続きました。

そんなある日、ふと手に取った本の最後で

バッタリと冒頭の文章に巡り会ったのです。




ヤマイとイノチはわけることなどできない。

ヤマイそのものがイノチだ。

ヤマイのなかにイノチの輝きがある。

邪を正に転換してはじめて治療といえる。



驚くべきことに攻撃する対象としてのヤマイが

ここではイノチと一体化し融合していました。

そしてヤマイは切り離すべき存在でなく、

いつもイノチと共にある存在だ、と明記されていました。

この言葉たちとの出会いは、わたしの医療観を根底から

変革しつづけています。

新しい分子レベルの解読においても、いつも多賀法印流の邪正一如の思想は、

わたしを導きつづけています。

フリーラジカルも活性酸素も乳酸も邪として徹底的に貶まれてきました。

しかし、フリーラジカルはそれ自体が細胞やミトコンドリアの動的均衡を

保持するサーモスタットの指標となることがわかり、

細胞代謝の余剰汚泥と思われていた乳酸はそれ自体がミトコンドリアの

エネルギー源としてATP産生に寄与していることがわかりました。

邪と思っていたフリーラジカルや活性酸素や乳酸という分子は、

ことごとくすべて正だったのです。

ニック・レーンは先のミトコンドリア論の名著「ミトコンドリアが進化を決めた」

のなかで「生命現象に偶然進むものなどほとんどない。

むしろあるのは、細胞の底流をなす代謝への絶えざる適応なのだ」と説きます。

幕末の漢方医で名医とされた新宮凉庭は「元気はいずれも自然の運行である」と

言いました。

天地自然であるひとの身体から読み解く養生法の至宝とは何なのか?

それは素直に天地自然である身体に教えて貰うのがベストです。

現生鳥類の体温は人間の37℃よりも高い39℃です。

この高代謝な鳥類のミトコンドリアは恐竜時代の鳥類と共に

2億年余の共進化を遂げて、いまやもっとも高精度のハイクオリティーな

ミトコンドリアシステムを鳥類の体内で構築しています。

海鳥のカモメなどは見た目にはまったくエイジングを発現せずに、

軽く70年から80年を生きるといいます。

オウムは100年、アホウドリは150年もの寿命をもつといいます。

この鳥類の装備するミトコンドリアシステムをそっくりと真似したら?

そう、それこそが最強の養生法、ミトコンマンへの道と言えます。

キモはなにか?

ミトコンドリア数を増やすこと。

この一点がすべての鍵を握っています。

ミトコンドリア数が多ければストックエネルギーの乳酸を

より効果的に利用できます!

サラブレッドに匹敵する乳酸活用型の人間になるには、

ミトコンドリア数を増やせば可能かもしれません。

ひとはミトコンドリア数を増やすことで、

不死鳥、火の鳥に生まれ変わるのです。

ニック・レーンの名著に導かれた全5話、ここに完結。

2016.07.02 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ハリキュウ戦隊ミトレンジャー

微光

「欠陥のあるミトコンドリアを利用する細胞ほど、内部の環境は酸化性になる。しかし、『酸化性』といっても、細胞が内部環境を制御できなくなるわけではない。細胞は、その振る舞いを環境に適応させることで制御を維持し、新たな『状態』を確立している。タンパク質、脂質、炭水化物、DNAはたいてい、この変化の影響を受けないーまたしても、酸化の作用がたまっていく証拠の登場を見込んでいた当初のミトコンドリア老化説の予言に反している。・・細胞や組織の構造はほとんど酸化されないのだ。また、できるだけ損傷の少ないミトコンドリアが増殖しやすいので、ミトコンドリアに明らかな変異や損傷のしるしはほとんど見られない。当初のミトコンドリア老化説で予測された急激かつ壊滅的な損傷が見られないのは、フリーラジカルが危険を知らせているためなのである」ニック・レーン著 斉藤隆央訳 田中雅嗣解説「ミトコンドリアが進化を決めた」みすず書房




抗酸化物質の摂取が健康にとって有益と証明できる確たる証拠はない。

それなのに、そもそも、なぜこれほど抗酸化物質がもてはやされるのか?

と言えば、それは細胞生理学において、いや一般の健康法論において、

「酸化=悪」というマインドコントロールが広く普及しているからだ。

では実際の生理現象において本当に「酸化=悪」なのか?

と言えば冒頭の文章にみるように

「細胞や組織の構造はほとんど酸化されないのだ」

なんと実際の生理現象においては酸化の蓄積が否定され、

酸化そのものが否定されているのだ。

そしてさらに驚くべきことは、この幾らか細胞や組織が酸化性を帯びた時に、

そこから復して正常化するための分子レベルのカスケード反応が起こり、

ミトコンドリア遺伝子の転写が活性化し呼吸鎖複合体が多く作られて、

細胞核内の遺伝子が変化し正常なミトコンドリアの生成を促進する、

その一連のバックアップのフィードバック機構をスタートさせる

発火点となるのは、酸化の張本人のフリーラジカルそのもの、とされるのだ。

つまりどういうことか?

ようは生理現象における酸化という幾ばくかのペーハーの偏りそれ自体が

細胞やミトコンドリアの動的均衡を維持する標識として機能している

ということだ。

結局のところ、とどのつまり、フリーラジカルは

実は細胞生理を統合し制御するためには、なくてはならない分子

であることがついに判明した。

邪正一如(じゃしょういちにょ)。

この機においてわたしたちは悪と貶(さげす)んできた

フリーラジカルの汚名を返上し、名誉を回復し、

これまでの非礼に深く頭を下げてフリーラジカルに対して

お詫びを申し上げなければならないだろう。

「フリーラジカルが危険を知らせて」くれるから、

わたしたちの細胞は動的均衡を保持できているのだ。

ありがたきかなフリーラジカル、

嬉しきかな活性酸素。

通常の細胞生理に発生する分子に善悪はあらず。

すべての分子の存在を認めた時、

ひとはようやく医の王道へとたどりつくのだろう。

「善人なおもて往生をとぐ、いわんや悪人をや」親鸞

暗黒の医の迷宮に、今、かすかな光りが輝きはじめています。

2016.07.02 | | コメント(2) | トラックバック(0) | ハリキュウ戦隊ミトレンジャー

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR