気龍と共に

凝りには「活きた凝り」と「死んだ凝り」の

二つがある、と私はこれまで分類してきた。

そして「活きた凝り」を動かして竜を出現させて、

その患者に出ている症状を寛解に導くことはたやすいが、

「死んだ凝り」は、いかんともしがたい、

と判定してきた。

この判断は今もそれほど変化はない。

しかし、完全に死んではいないで、まだかすかに息がある

死にかけの凝りを復活させることができる、

というレベルには、ようやく到達したようだ。

そんな臨床例がここに来て、

ポツポツと獲得されつつある。

西洋医がCTスキャンやMRIでどこを調べてもサッパリ原因が不明で、

治しようがなかった顔面痙攣が完治し、

孫を抱いて前に進もうとすると足が進まなくなる

原因不明の症状で、整形外科や接骨院に

通ったがどうしようもなかった症例が緩解した。

どちらにも、ファーストタッチの時には、

死んだも同然の凝りが見て取れた。

だからどちらもファーストタッチの感触からは、

1回で治す一発治療はとても無理で、

寛解には時間がかかるだろうと予想していた。

ところが、治療を開始して数回後に

どちらの凝りにも竜が現れたのだ!

これなら治る、とその時に予想し、

その予想は見事に的中し、

この二つの症例は改善・寛解・完治の

方向に急速に進展した。

これまでの25年間、私は「手の内」を

ずっと見つめてきた。

太極拳も気功も拳法もヨガも、そんな他流のメソッドには

目もくれず、ただひたすらに「手の内」を

見つめてきた。

いや見つめてきただけではない。

いつも必死に1回、1回、その患者の症状を治そうと、

指先に気を充実させてその気を患者の体内に送り続けてきた。

術というものは守破離(しゅ・は・り)というプロセスを

たどり進化するという。

最初はゆっくりと、それから少し調子が上がり、

最後には急激にレベルが上がるのだ。

この術の進歩の度合いを判断する3つの階梯レベルで判定して、

今の自分はどこにいるのか?

恐らくは守と破の二段階はすでに通過し、

最高レベルの離にようやく手がかかったところだろうと、

いまそんな感慨を抱いている。

「手の内」を錬磨して25年。

どんな凝りも竜の導きで息を吹き返す事が

見えてきた。

気ナビゲーションに立ち上がる竜。

気龍をあやつれば治療は無敵だ!

気龍の使い手、気龍をあやつる治療師。

その名もドラゴン・ハリィーの誕生だ!

決して平坦で楽な道ではなかった。

それはいまもおなじだ。

でも、だからこそ、世界の誰も知らない、

誰も言えないオレの身体観、オレの世界が語れるのだ。

唯一無二、ワン&オンリーな鍼灸指圧治療。

蝶の羽ばたきは竜巻に変わる。

いま、気龍に導かれし治療師が、

世界へ羽ばたく!

スポンサーサイト

2017.04.14 | | コメント(9) | トラックバック(0) | 養生クリエイター

コメント

たまには、はっちゃけてよろしおますか?
ダメ!
言われても一回は書いてしまうんですが。爆笑
あたしの経験則に、
対人非接触は脳の禍活性を生む、
というものがございます。(勝手だな。笑)
ご維新以来、
大衆に埋め込まれた衛生観念は、
接触は非衛生!
で統一されておりますですよ。笑
先生のファーストタッチ以来云々には、
ダイレクトタッチという文言が隠れております。
この接地面に遮断物があったとしたらどうです?
岡本理研ばりの薄いゴム手袋とて、
龍眠死判別の、
先生の指診断を阻害をせずにはおれんでしょ?
ここに我々が居る、
否応無しの文化ベクトルがございます。
これは、先生が認めてる通り、
感染症阻止に関しては功、
生の診断醸成に関しては罪。
細き道ながら、
針灸指圧療法士の先人現人の歴史とは、
このダレクトタッチの固守であると
あたしゃ思っております。
病院行ったなら、
患者も先生も皆マスクやがな。
あんたと同じ空気吸いたいない、だって。爆笑
匂いにおける触診もオワタ。

長くなったんで、
脳禍活性の功罪のハナシまたにします。

2017/04/14 (金) 20:27:35 | URL | 陣中見舞い #- [ 編集 ]

あっ、やっぱり、陣さんには、

アタシのリミッターが振り切れてるのが、

ばれてた(笑)

ちょっと、前から、ブログ記事書くのが、

めちゃくちゃ楽しくなってます。

もうね、25周年だし、下積みもそろそろ卒業かな、と。

でね、科学的な説明なるものにも、いちおうの説明責任義務は十分に果たした、と

自分で納得したので、今後は手の内を自分の言葉で語る、という

本来の自分のアウトプットのみに注力する方針となりました。

手袋鍼の(ここから先の文章が、どうも不正投稿の内容と判断されたようなので割愛、何度も修正して再投稿したがアップできず 笑)

しかし、陣さんが仰るように、マスクや手袋は、わたしたち鍼灸家には似合いませんね。

ブラックジャックじゃ、あるまいし(笑)

手袋を通しては気は見えないでしょうね。

マスクを通しては聞診はできません。

手袋を通しておこなうハリは単なる刺激療法。

鍼灸指圧は刺激療法ではありません。

気を操るから鍼灸指圧なのです。

刺激療法としての鍼灸指圧なら科学的説明がいくらでもつきます。

しかし気の鍼灸指圧は、科学的には説明が不可能です。

気龍については、さらに科学的説明など不可能で無意味です。

気龍について、とことん語っていく。

そんなヘンテコなブログがひとつくらいあっても、

それはそれで座敷もといネットの賑わい。

陣さん、思う存分、これでもかの、

すけさん、かくさん、じんさん、もういいでしょう、の気分で

とことん、ぶちまけて、イイっすよ!

2017/04/15 (土) 04:01:11 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

陣中見舞いさま。
いつも含蓄深いコメント、
楽しませて頂いてます。

≫ あたしの経験則に、
≫ 対人非接触は脳の禍活性を生む、
≫ というものがございます。

これまた、凄い一撃。

≫ 細き道ながら、
≫ 針灸指圧療法士の先人現人の歴史とは、
≫ このダレクトタッチの固守であると
≫ あたしゃ思っております。

僕もおっしゃる通りだと思っています。
隔物では、ダメ。
ナマでなければ、心は通じない。。

≫ 長くなったんで、
≫ 脳禍活性の功罪のハナシまたにします。

ぜひ、続きをお願い致します。。

2017/04/15 (土) 10:15:17 | URL | 瓜食めば #- [ 編集 ]

爪食めば 様へ

爪食めばさん、

そんな照れます。笑

爪食めばさんのようなプロに誉めらると尚更。
しかし光栄であります。
脳の過ぎたる活性の修辞を過とせず禍としたのには、何を隠そう、
脳の思い上がりに対する正に一撃であります。笑
以前、
先生と森羅万象を語らうやり取りにおいて、
脳端末という語句を良く使いました。
端末は、
多々ある中継局とホストに依拠するというのが裏の意味です。
森羅万象のスケールは、
宇宙、銀河、地球、人体、なんでも結構、
好きにしなはれ、と意を込めました。爆笑

見ればパラレル、観ればフラクタル。
大も小も認識の世界、共に錯覚であります。
己と対象物を絶対視するならば、です。

話しはぶっ飛びますが。笑

世に名の売れたコンスラピー論者というのも、
我々にそれなりの幻想社会の裏表を垣間見させる割には、肝心要の真実や覚醒という文言を多用すると同時に地に落とす瑕疵を残す者が多いんですな。
多用する文言の霊性や魂についてもしかり。
どんだけバーゲンすんのや。笑
あれが支配者、彼が支配者。
誰でも宜しおます。
一番のご主人、あんたの脳内におるで、と。爆笑

つまり、
脳の主人たれ、奴隷に落ちるな。
が前段の結句になるんですが、
本論は追記させて頂きますです。笑

2017/04/15 (土) 22:40:06 | URL | 陣中見舞い #- [ 編集 ]

コンスラピーじゃ意味通じませんね。
失礼しました。
コンスピラシーの事です。

2017/04/16 (日) 05:46:52 | URL | 陣中見舞い #- [ 編集 ]

コメント欄にも


拍手ボタンが欲しいっす。(笑)

人の考えている事も言葉や文字になると、波になるんですね。

共鳴すると妙に納得というのか、得心してしまいます。

2017/04/16 (日) 06:19:27 | URL | 桑畑五十郎 #- [ 編集 ]

陣さん語録のヒットコピーと言えば、

「脳端末」は忘れてはならない流行語大賞。

発電装置が腸で、変電装置が脳、と鍼灸家の澤田健が唱えていた気がします。

あるいは充電装置が腸で、ケータイ端末が脳?

受信器、受像器、ようは身体各所のセンサーから送られてくる情報を処理する解析機が脳で、

解析の仕方はペンフィールドの脳地図を見れば明らかなように、相当に食わず嫌いで、好みがある。

手や顔や口からの情報は徹底的に好んで集めるが、足のほうはそれほど重視していない。

だからペンフィールドの脳地図を立体化するとグレイ型のエイリアンみたいなフィギュアが出来る。

昔っから手先を使うアーティストは認知症になりにくい、と経験則で語られているわけだけど、

あながち間違ってはいないかも、というのがペンフィールドの脳地図の手の感覚を選択的に好むアンバランスな比重から伺える。

そのペンフィールドの脳地図の作成者である神経外科医ペンフィールド氏が脳の機能を解剖学的に追及していったら、

心の所在は脳だけではない、心はエネルギーであり、どこかべつな箇所から心は発生している、と最終的に告白しているわけで。

いぜんとして脳活ブームだけど、エッ、なんで、ですわ(笑)

それで腸活ブームが来てるけど、これも、エッ、なんで、ですわ。

たしかに脳腸は連動している。しかし内部の問題。これを外部から操作するのが、

「内臓体壁反射、体表内臓反射」、で、真打ち、鍼灸指圧の出番!

脳も腸も体壁筋肉系でかなりコントロールできる。

これがみんなまったくわかっちゃあいない!

コンスピラシーを語るなら、こういう部分で語れ(笑)

身体観、生命観、医学観、みんな陰謀、コンスピラシーでコントロールされて、

徹底的に洗脳されてるのにさ。

それを糾弾せずに、世界の支配構造?

そんなのどうでもよろし。

真の生命観、真の自我に目覚められる事ほど、支配層にとって恐ろしい事はないんだから。

陣さん語録に追加の「幽体解剖学」から言えば、脳は肉体脳だけでなく、気ナビゲーションにアクセスしたファントムボディにあるファントムブレインも追加せなあかんちゅーこと。

ファントムブレインは心のストレスを緩和するショックアブゾーバーであり、

また気ナビゲーションから降臨する情報を変換して肉体脳に送信する受信器でもある。

体は決してひとつではない。見えざる体がいつも寄り添っている。

東洋医学の神髄は、もしかしたら、真の身体観を提示することにあるのかもしれない。

2017/04/16 (日) 06:20:21 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

(拍手 )10×500乗(笑)

2017/04/16 (日) 06:31:06 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

≫ 脳の主人たれ、奴隷に落ちるな。
≫ が前段の結句になるんですが、
≫ 本論は追記させて頂きますです。笑

脳端末!
素晴らしい表現。。

僕の臍下で霊肉の一致する部分が、
「よう言うてくれた」と
喜んでおります。。

拍手(笑)!

2017/04/16 (日) 08:59:00 | URL | 瓜食めば #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR