ミクロの共生体

ヒトの体表と体内に棲んでいるバクテリアの総数は

800〜1000種類、数百兆個、だ。

この人体に共生するバクテリアの全体を

マイクロバイオーム(微生物叢)という。

わたしはこのマイクロバイオームという用語に、

「微生物宇宙」という訳語を付けた。

ヒトの細胞数は60兆個あるが、これは細胞宇宙だ。

そしてこの細胞のなかには、かつてのバクテリアのなごりを

とどめる細胞内小器官のミトコンドリアが総数で

1京8000兆個もいる。これはミトコンドリア宇宙だ。

だからヒトという存在は微生物宇宙と細胞宇宙とミトコンドリア宇宙が

重層的に織りなす世界だ。さらにここにウイルス宇宙を加えなければ

ならないだろう。そうなるとさらに複雑な世界となる。

バクテリオファージというバクテリアに取りついて

バクテリアのDNAを利用して増えるウイルスがヒトの大腸に常在している。

ヒトの腸内に常在するバクテリオファージは大腸菌に取りついて、

大腸菌のDNAを利用して自身の複製をコピーする。

このヒトの大腸内に常在するバクテリオファージがいるお蔭で、

ヒトの大腸内の大腸菌の生息数が一定に保たれているようだ。

また、外来性の赤痢菌などがもしも大腸内に侵入した場合には、

このバクテリオファージが外来性の赤痢菌に取りつくことで、

赤痢菌の繁殖を抑制し、赤痢を発症させないと目されている。

かつて旧ソ連のある地区でバクテリオファージによる赤痢の抑制に

関する疫学的なエビデンスを取る実験がおこなわれた。

これによるとバクテリオファージを含むファージ製剤を飲んだ群は、

飲まなかった群よりも、赤痢に罹患する率が低い、という有意な

エビデンスが獲得された。

腸内細菌は外来性の病原菌の抑制菌として働いているが、

その腸内細菌に取りつくバクテリオファージのような腸内ウイルスも

腸内細菌と同じように外来性の病原性微生物に対して防衛的に

働いてくれているのだ。

もしもヒトの腸内のみならず、体表や体内のすべてのバクテリアや

ウイルスがいなくなれば、ヒトはたちまち外来性の病原バクテリアや

病原ウイルスやカビなどに侵されて、絶命を余儀なくされるだろう。

わたしたちは微生物宇宙というマイクロバイオームにより守られ、

生かされる存在なのだ。

かつて日本の長寿村として名を馳せた山梨県は旧棡原村。

この棡原村の主治医であった古守豊甫氏は

「ひとの寿命は食べた野菜の量に比例する」と仰った。

腸内マイクロバイオームは野菜の細胞壁成分である繊維質=多糖体=

粘性物質=ネバネバ=複合糖質をエサに増殖する。

腸内マイクロバイオームに飼われているカワイイ仲間である

腸内細菌を元気に健やかに養殖するかっこうのエサは複合糖質だ。

複合糖質を豊富に含む棡原村の野菜や穀類を主体とした食事は、

それを食べた棡原村の人々の腸内細菌を豊かに元気に養いつづけた。

だからこそ棡原村の長老たちは、

一生涯、病気にもならず、元気に過ごし、

天寿を全うできたのだ。

腸内細菌が健やかならばヒトは一生健康でいられる、はずだ。

腸内マイクロバイオームを健やかにする養生メソッドとは、

野菜や果物や穀類などの複合糖質を豊富に含む食のレシピだ。

昔ながらの和食はまさにそれだったのだ。

加工食品をはじめとした人工的な食品は腸内細菌のバランスを乱す

ことがわかっている。

昔ながらの素朴な和食がいちばんいいといえるだろう。

わたしたちは健康になるためにこれまで様々な情報を渉猟し、

あまりの膨大な情報に途方に暮れてきた。

しかし、そんな膨大な情報のなかにホントウの意味で

真にタメになる情報は皆無だった。

ヒトに常在する微生物宇宙というマイクロバイオームの全貌が

少しずつわかってくるにつれ、ついにホントウにタメになる

養生の秘訣が見えてきた。

そうなのだ。わたしたちはマイクロバイオームと共に生きる存在だ。

そしてマイクロバイオームの健康度は細胞宇宙とミトコンドリア宇宙と

ウイルス宇宙の健康度とリンクし、シンクロするのだ。

複雑なヒトの生命宇宙がシンクロしつつ健康である時、

ヒトは総体として健康である、といえるだろう。

ミクロの共生体に思いを寄せる時、

ヒトの命の不思議が見えてくる。




※ 「鍼灸指圧 光伯堂」からのお知らせ

  1月の残りの営業スケジュール

  休日は、23日(月)
      30日(月)です。

  県内は 沼津市、富士市、静岡市、焼津市、藤枝市、島田市
      吉田町、牧之原市、御前崎市、菊川市、掛川市、
      磐田市、浜松市から





  

国内は 宮城県、千葉県、茨城県、埼玉県、東京都、神奈川県、

      
      山梨県、長野県、愛知県、三重県、岐阜県、福井県、

    
  奈良県、大阪府 から、

  



  国外は アメリカ、ドイツから、

  
  これまで多くのクライアント様に
ご来院頂いております。





  

  世界でここだけ ワン&オンリーな おもてなしの治療がモットー  
  「鍼灸指圧 光伯堂」を、
どうぞ御利用くださいませ。

  




  光伯堂 TEL 0548ー22ー8740


スポンサーサイト

2017.01.23 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 養生クリエイター

微生物宇宙

植物の根は土中の養分を吸収する。

窒素、リン酸、カリウム、が

植物肥料の三大元素というのは常識だ。

しかし、植物はこの三大元素だけでなく、

カルシウムやマグネシウムや鉄分などの

その他の元素も根から幅広く吸収する。

またそれだけでなく土壌菌の代謝産物や

落ち葉や枯れ枝の腐食前駆物質なども吸収する。

光合成に欠かせない栄養を吸収する植物の大事な器官が

根だ。

このように植物の根が栄養を吸収する器官であるのは当たり前だが、

実は根は吸収するだけでなく「放出」もしているのだ!

植物は水と二酸化炭素や吸収した元素による光合成によって

作られた糖やアミノ酸や酵素や粘液やイオンを根から放出する。

えっ、せっかく植物体内に作った大事な同化産物を

なぜ大判振る舞いに根を通じて植物体外の土中へと放出してしまうのか?

なんとこの植物が放出したプレミアムな栄養素は土壌菌の御馳走なのだ。

植物は光合成で得た有機化合物を根から放出して、まいて、

それをエサにする土壌菌をおびき寄せるのだ。

植物が根から放出するエサにおびき寄せられた土壌菌たちは

植物の根の周囲にコロニー(群体)を形成する。

植物は根を使って土壌菌を培養しているのだ。

それはまるでヒトの腸管内で腸液の浸出部に

腸内ビフィズス菌がコロニーを形成するのとまったく同じだ。

こうして植物の根の周囲には土壌菌が棲み着いたひとつの場ができる。

この植物の根と土壌菌のコロニーが結びついた

マイクロバイオーム(微生物宇宙)を「根圏(こんけん)」と呼ぶ。

根圏の土壌菌たちは酵素と酸で植物の根が提供した

有機化合物のエサを食べ、見返りに代謝産物を分泌する。

その代謝産物を利用するために植物は根から土壌菌の

エサとなる有機化合物の御馳走をばらまくのだ。

こんな事例がある。

植物の根が放出したアミノ酸の分泌液であるトリプトファンは、

根圏の土壌菌の代謝により改変されて植物成長ホルモンの

オーキシン(インドール酢酸)に変換される。

この根圏の土壌菌が産生した代謝産物であるオーキシンは

その後、植物の根に吸収されると根を長く伸ばし、

支根や根毛の密度を高めて植物の成長を促すのだ。

なにかに似ていないだろうか?

ヒトの腸内細菌は肉や魚や里芋や大豆や穀類などの食べ物に

幅広く含まれるアミノ酸のトリプトファンをセロトニン前駆体に

変換する。ヒトの腸内細菌によって作られたセロトニン前駆体は

血流に乗って脳へと運ばれると脳内セロトニンとなって、

ヒトの精神を健やかに養う。

ヒトのセロトニンは昼間の活動に使われるホルモンだが、

夜間にはメラトニンに変換されて睡眠を誘導する。

寝る子は育つ。

植物は根圏マイクロバイオームがトリプトファンから

作りかえたオーキシンで健やかに成長する。

ヒトは腸内マイクロバイオームがトリプトファンから

作りかえた「セロトニン→メラトニン」で健やかに成長する。

根圏マイクロバイオームとヒト腸内マイクロバイオームは、

トリプトファンというアミノ酸から同じように宿主である

植物とヒトを健やかに成長させるホルモンを提供するのだ!

つまり植物もヒトもマイクロバイオームに生かされているのだ。

もしも根圏マイクロバイオームやヒト腸内マイクロバイオームに

異変が起こりオーキシンやセロトニンが作られなくなれば、

植物は枯れて、ヒトはウツ病を発症するだろう。

畢竟、わたしたちはマイクロバイオームなしでは生きられない、

マイクロバイオームと命を共にする存在なのだ。

私の養生の本質へのあくなき追及は、ついに

微生物宇宙との交信へと道を開いた。

2017.01.22 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 養生クリエイター

ユートピア

わたしたちのヒト細胞の遺伝子はネバネバ(繊維質)を

分解する酵素を20種類分しかコードしていない。

しかし、腸内細菌の仲間であるバクテロイデス・テタイオタオミクロンは

驚くべきことにネバネバを分解する酵素を、

260種類以上! も作ることができる。

植物の細胞壁成分はセルロースと一般的に呼ばれるが、

セルロースの分子構造は非常に強固につながれており、

鋼鉄に匹敵する固さだ。

だから落ち葉や朽ちた倒木のセルロースを分解する酵素を持つ

土壌細菌がこの世からいなくなったら、たちまち森は

落ち葉や倒木だらけになり、やがて森林はそれらに埋もれて

枯れてしまうだろう。

いやそれどころではない。もしも土壌菌がいなくなったら、

あらゆる有機物が地表に滞積して地表はゴミの山と化して、

すべての生き物がこの世から姿を消すだろう。

土壌マイクロバイオームがいるからこその地上の楽園なのだ。

それと同様にヒトの腸内細菌のなかからセルロースを

分解できるバクテリアがいなくなったら、腹のなかは

分解できなかったセルロースでパンパンに膨れあがり、

恐らくは腹が張って痛みで苦しみながら絶命するはずだ。

それだけではない。

腸内細菌はセルロースを分解することで、

ビタミンB群やビタミンMなどの必須ビタミンを産生し、

このビタミンをわたしたちに供給するビタミン製造装置として

機能している。

またこれらのビタミンを利用してタンパク成分のうちの

トリプトファンというアミノ酸を素材に、

腸内細菌はセロトニンの前駆体を産生している。

この腸内細菌が生みだしたセロトニン前駆体は

腸管から吸収されて脳へと血流に乗って運ばれると、

脳内で修飾がほどこされて前駆体から完成品のセロトニンとなり、

脳内セロトニンとして情動の安定化に寄与している。

つまりヒトの精神が安定して気分が晴れ晴れとし、

心が穏やかでいられるのは、腸内細菌がセロトニン前駆体を

作ってくれているお蔭なのだ。

もしも脳内セロトニンが枯渇すれば、ご存知のように

ウツ症状となって顕在化する。

いまや社会問題と化しているウツ病の激増の背景には、

ヒトの腸内細菌のバランス失墜がある、と識者は指摘している。

土壌マイクロバイオームの窒素固定細菌が空中の窒素を

アンモニアに変換して取りこむと、このアンモニアを

例えば大豆の根が吸収し、大豆のアミノ酸のアルギニンとなる。

この大豆をヒトが口から摂取すると、

大豆の繊維質はヒトの腸内細菌により分解されてビタミンをはじめとした

有益な分子に変換され、トリプトファンからセロトニン前駆体が作られ、

それらは腸管から吸収されて脳や全身の細胞を滋養し、

大豆のアミノ酸のアルギニンが腸管から吸収されると全身の血管壁へと

運ばれて、そこに鍼灸指圧の刺激が加わると、皮膚と血管壁のDNAが

起動してアルギニンの窒素(N)と、酸素(O)を組み合わせて

一酸化窒素(NO)という分子を生み出す。

この一酸化窒素は血管を拡げるホルモンとして機能し、

また脳内の神経伝達を促進し認知機能を高め、

免疫細胞のマクロファージを活性化する。

わたしたちは呼吸器から窒素を取りこむ機能を有しない。

人体に必須の元素である窒素はほぼすべて食べ物から

取りこむしかないのだ。

だから土壌マイクロバイオームの窒素固定細菌がこの世から消えれば、

わたしたちは血管壁を拡げるホルモンの供給源を断たれ、

恐らくはヒトという生き物は絶滅するだろう。

腸内マイクロバイオームの攪乱(かくらん)はヒトの健康をおびやかす。

土壌マイクロバイオームの攪乱は自然界の生態系をおびやかし、

最終的にヒトを絶滅にまで追い込むかもしれない。

土壌菌を健やかに養うことはヒトを健康にすることと同義だ。

腸内細菌を健やかに養うことはヒトを健康にすることと同義だ。

土が健康で腸内細菌が健康ならばこの世はユートピアだ。

しかし現実は、土壌への産業毒の滞積、

人工物質による腸内細菌の攪乱。

リアルは真逆のディストピアの様相を呈している。

土壌マイクロバイオームと腸内マイクロバイオームを

同時進行に正常化するような、そんな施策が急務だ。

農と医は密接につながっている。

ではあるが、まずはとりあえずできることからはじめよう。

朝食に頂く一杯のお味噌汁。ひときれの板海苔。

おつけもの。納豆。そんなありふれたレシピが、

腸内細菌を豊かに、プレ&プロバイオティクスするのだ。

ユートピアの入り口はすぐそこ、手元にある。

2017.01.21 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 養生クリエイター

わたしとは

「 DNAはウイルスを生じ、ウイルスはバクテリアを生じ、
バクテリアは衆生一切を生ず」今村光臣


わたしたちの体の内外には夥しい数のバクテリアが

棲み着いている。このヒトの体に共生している

バクテリアのDNAやその仕組み、働きを

まとめてマイクロバイオームと表現する。

ヒトの細胞数は60兆個ほどだが、

例えば腸内細菌だけを数えても100兆個をくだらない。

その他の部位のバクテリアを入れれば、

ヒト・マイクロバイオームの総数は軽くヒトの細胞数を

上まわる。

わたしという体は私の細胞とはべつにこれらの

夥しいバクテリアも含めての存在なのだ。

さらにヒトの細胞のなかにはかつてのバクテリアの

なごりをとどめるミトコンドリアという生き物もいる。

ミトコンドリアの総数は1京8000兆個だ。

だからヒトという存在は60兆個の細胞と

数百兆個のバクテリアと1京8000兆個のミトコンドリアが

つながった存在といえるのだ。

また今までは生命とカウントされなかったウイルスを

ここに加えれば、ヒトという存在はさらに複雑で多層となる。

ヒトとは、地球の生き物とは何なのか?

地球の生き物は共生というオーダーで貫かれた存在だ。

ヒトに共生するウイルスもバクテリアもミトコンドリアも

元気になるような養生法がもっとも優れている。

そのひとつのヒントは腸内細菌を元気にする

プレバイオティクスとプロバイオティクスにありそうだ。

ネバネバヒートなメソッドがまさにそれだ。

わたしのことをわたしといったとき、

そのわたしには夥しいウイルスとバクテリアとミトコンドリアも

ふくまれる。

わたしという存在は孤独ではなかった。

常に多くの微生物の共生体が味方になり、

わたしの生理作用を補助していた。

かれら微生物の共生体は生命史38億年を生き抜いた

地球生命界の大先輩だ。

かれら微生物を師匠にすれば養生は間違いない。

38億年前、地球には恐らくはまずウイルスが誕生した。

やがてウイルスよりも少し複雑なバクテリアが

ウイルスの中から進化した。ウイルスとバクテリアのみの

何十億年かを経て、様々なタイプの複相化がすすみ、

ついに細胞タイプの始原生命体が誕生した。

ウイルスやバクテリアはわたしたち地球生命の生みの親だ。

そしていまもずっとわたしたちを見守り育んでいる。

2017.01.20 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 養生クリエイター

ネバネバヒートな予感

ヒト・マイクロバイオームの真実 ←クリックしてご覧ください。


連日の寒さだ。

極寒により体温が低下し免疫の低下が危惧される。

感染性胃腸炎のノロウイルスの強毒性の変異種が、

先年から流行している。

鳥インフルエンザウイルスもご存知のように猛威だ。

いよいよヒトのインフルエンザウイルスが流行しそうだ。

免疫力を保持する養生がいま必要とされている。

その免疫力を保持する養生の秘訣が冒頭のクリック記事に

記載されている。

ヒトの免疫は実はヒトの腸内細菌相と密接に関連する。

口から入ったあらゆる外来性の物質は、胃でペーハー1の

強酸性の胃液で殺菌されたあとは、小腸と大腸へと運ばれて、

そこで腸液などの消化酵素を浴びて分解される。

その口から運ばれた物質は小腸や大腸では

腸内細菌によっても分解される。

だからもしも口から病原性の細菌やウイルスが腸内に入っても、

それらはもとから居た定住性の腸内細菌に排除される仕組みだ。

外来性の病原性の細菌やウイルスはだから、

あらかじめ棲んでいたヒトの腸内細菌相により免疫されるのだ。

その詳細なエビデンスが冒頭クリック記事に書かれている。

つまりいま必要とされるノロウイルスやインフルエンザウイルスを

寄せ付けない免疫力を保持する養生の秘訣とは、

自分の内なる共生体、内なる住人、

内なる自分自身でもある腸内細菌を元気にしておく、ことなのだ。

内なる自分自身である自分の腸内細菌を元気にしておくには、

腸内細菌のエサとなる複合糖質=繊維質=多糖体=粘性物質=

ネバネバを積極的に摂取することに尽きる。

あとは温かいものだけを飲食する「ヒート食・温食」を

守ることも必須だ。

ネバネバの摂取と、ヒート食で、

腸内細菌を元気にすること。

さらにネバネバとヒート食でヒートショックプロテインを分泌し、

腸管マクロファージのトールライクレセプターに

ヒートショックプロテインをヒットさせて、

腸管マクロファージをプライミング(活性化)すること。

ネバネバヒートという私の発案した用語には、いま

ネバネバと温食とヒートショックプロテインの3つの意味を含ませた。

腸内細菌相が元気で豊かなら感染症の罹患率は気になりません。

味噌汁、納豆、漬けもの、海苔、こんな当たり前の和の朝食が、

ネバネバヒートな腸内細菌プレバイオティクスなレシピだ。

ヒトに棲む常在性細菌相(ヒト・マイクロバイオーム)の動向は、

ヒトの健康バランスとシンクロする。

ヒト・マイクロバイオームをターゲットに据えた健康メガトレンドが、

グローバル規模で発芽しはじめた。

いよいよネバネバヒートな時代が来る!

2017.01.17 | | コメント(7) | トラックバック(0) | 養生クリエイター

«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR