オレ竜 7

指圧という手技は大正時代に我が国で発明されたものだ。

それゆえに指圧の歴史はまだほとんどない。

東洋医学2000年の歴史のなかでは、

指圧は最新、最先端バージョンの手技といえる。

なぜ指圧という手技が日本で生まれたのか?

指圧の押すリズムは能の摺り足である、と習った。

能という文化があったから指圧が生まれたのか?

日本人は幼い頃から巧みに箸(はし)を使いこなして食事する。

お箸は二本の棒で食材をはさむ道具だ。

二本の細い棒で煮豆をつまむ。

こんな芸当をもう幼稚園の頃には習得する。

お箸をどのような力加減でもち、

煮豆をどのような力加減ではさむか。

そんなことをほとんど意識せずにごく自然にそのような所作を習得する。

わたしは日本で指圧が生まれた背景には、

この二本の棒ではさむ、お箸文化がある、とみている。

先日、出先で陶芸の真似事をした。

あの陶芸の際にも微妙な入力操作が要求されることを発見した。

ろくろ、にしても、その前段階の大まかな形を作るにしても、

すべて指先からの微妙な入力のアレンジが必要だ。

お能、お箸、陶芸、こうした日本文化と共にある手技が指圧だ。

だからこそ、もっと大きな声で唱えたい。

そう、指圧は日本が生んだ世界に冠たる日本の東洋医学。

指圧は「キング オブ クールジャパン」だ、と。

しかし、今やこの指圧という手技はマイナーでニッチな手技におとしこまれ、

このままいけば絶滅の危機に瀕していることは間違いない。

だから、オレ竜指圧を世に問うことで日本指圧界の底上げを狙う覚悟だ。

世の中の人間は単純な事をそれほど重んじない。

また理論化できないものも重視しない。

世の中の大多数の人間は複雑で高尚な理論をまとったものをありがたがる。

指圧は一見すると非常に単純な手技だ。

はやいはなし指で押すだけ、に見える。

指圧の理論などあるのかないのか、ほとんどの者は知らない。

せいぜい押し方、押す手順、などがあるだけだろうと、思っている程度だろう。

だから、指圧という手技はちっともありがたがられることはないし、

素晴らしい手技だとリスペクトされる、こともほとんどない。

あ〜、あんなのはちょっと習えば誰でもできることだ。

あんなことで治療などと称してゼニを貰うなんて、まったくどうかしてる。

99%の一般人の指圧に対する認識はこの程度だろう。

しかし、その程度の認識なのは、当たり前なのだ。

だって、これまで誰も指圧の素晴らしさを

懇切丁寧に語った者などいなかったのだから。

誰も指圧の素晴らしさを語ってくれないのなら、

オレが徹底的に語ってやろう。

オレが指圧の凄みを徹底的に語ることで、これまでの指圧に対する誤解や

浅い認識を根本的に変革してやろう。

オレはいま、日本指圧界を底上げする語りを開始したのだ。

遅きに失したか?

それはまだわからない。

でも、やるだけのことはやってみようと思う。

日本が生んだ世界に誇る素晴らしき手技、指圧。

どん底から今、オレ竜がムクムクと首をもたげたところだ。

竜は飛翔する力を有する。

天の川銀河を超えて宇宙のはてまで飛んでやるぜ!

スポンサーサイト

2016.08.25 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 養生クリエイター

オレ竜 6

指圧という言葉が持つイメージは、

指で押す、という動作。

だから、指で押すだけの動作なら誰でも出来る、と錯覚しやすい。

誰でもできる指で押すだけの指圧は、誰でも出来るが、

指で押すだけの指圧ではない

ハイレベルなプロフェッショナルのみができる指圧は、

そのプロにしかできない。

プロの指圧師がおこなう指圧は素人がおこなう誰でも出来る指圧とは、

根本的にまったく違う。

とくにプロの指圧師のなかでも鍼灸指圧師の資格を持ち、

開業後25年間、ずっと指圧をやめないで続けてきた

わたしのような者がおこなう指圧は素人とは雲泥の差がある。

普通は鍼灸師の資格があれば、だいたい指圧はやらない。

それは鍼灸の方が効率的に患者をこなすことができるからだ。

ある意味、鍼灸という道具を使うということは、

オートメーション化、機械化の流れに近い。

ツボ学や経絡学はこうした東洋医学の効率化に都合の良い理論だった。

それゆえに緻密にツボや経絡の物語りが作られた、と私は見ている。

そんな高尚な理論を通して人体を見ない、最初期の原初の鍼灸指圧は、

人体とダイレクトに対峙し、患者の体壁筋肉系と治療師の指の

直(じか)の対話を通して、治術がほどこされた。

理論を通して人体を見ることは、すでにそこに偏見が生じてしまう。

人体は理論でも理屈でもない。

人体とは理解不能な摩訶不思議なカオスにしてコスモスでフラジャイルな躍動だ。

その柔らかい平衡の世界に、固くて窮屈なフリーズした理論を押しつける。

命の本質を見失うに決まってるだろうが。

そもそも命が何たるか?など人智では理解不能なのだ。

畏れと慎みをもって、心をまっさらにして、かしこみかしこみ、指をタッチする。

このような命への畏敬の念をもって人体を触れた時、

人体という命はその不可思議なありようを垣間見せてくれる。

治療師が治すのではない。患者の凝りが勝手に患者自身を治すのだ。

治療師が出来ることは、患者の凝りのなかにひそむ命の復元力を引き出すこと。

患者の凝りに自発的な運動を引き起こすためには、

ただ押すだけのサルでもできる指圧では無理だ。

患者の凝りに自発的な運動を引き起こすためには、

それ相応のテクニックが要求される。

凝りが自発的に動くためには最低でも15分間の入力タイムが要求される。

この凝りを動かすためのアイドリングの時間の必要性を説いた指圧師は、

恐らくはわたしが最初だろう。

オレ竜指圧が完成するまでに足かけ27年間もかかっている。

だからこそオレ竜指圧には価値があるのだ。

2016.08.24 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 養生クリエイター

オレ竜 5

凝りが力ずくで物理力だけで取れるのなら、

ライザップな筋肉ムキムキな治療師こそが指圧師に向く。

しかし、凝りはべつに力などいれないで、

うまくすれば、ただ凝りを押しているだけで、

勝手に凝りが動き出して勝手にひとりでに柔らかくなる、

という事実を知るものは、世界広しといえど、

たぶん、わたしくらいのものだろう。

指圧を物理力だけで押す治療術と誤解している者は、

なにもあなただけでなく、恐らくは、ほぼ100%の者が、

指圧=指で押す治療、と思っているはずだ。

たしかに指圧=指で押す治療、なのだが、

その内容となると、ディテールはまったく違った様相を呈してくる。

というか、指圧という治療術のディテールなど、

これまで誰も解説しなかったのだから、

指圧をただ漠然と押す治療と誤解して当然なのだ。

凝りが勝手に動き出したら、ほとんど物理的な筋力を必要としない。

もちろん、一定の圧を負荷するだけの筋力は必須だが、

ウンウンと唸って押すような無駄な力は一切いらない。

凝り竜が動きだしたら、あくまでその動きを邪魔しないで、

凝り竜が自由自在に動くように見守るのみなのだ。

凝り竜の動きとは、身体が自分で自分を治す自己治癒力そのものの動きだ。

この凝り竜の自発的な自己治癒運動も、

ホメオスタシス(恒常性)のひとつとみなして良いだろう。

つまりオレ竜指圧とは人体のホメオスタシスを利用して治療する指圧だ。

今日は名古屋から常連さんのKさんがクルマでご来院下さいました。

片道2時間余のハイウェイ走行を苦にせずに、

はるばる片田舎の光伯堂まで、本当にありがとうございました。

3時間コースの最後の1時間の美顔指圧の際に、

いい感じに眼竜穴(がんりゅうけつ)の竜が動き出しました。

その前に膝下三里の地竜穴(ちりゅうけつ)を押した際に、

胃が蠕動運動を起こしてグレリンが分泌された事が我が耳で確認できましたので、

これは今日はいい徴候だ、と思い美顔に移行して、

数十分経過すると、いよいよ眼竜穴の竜が躍動を開始しました。

お蔭で眼の周囲の凝りに十分な血流が周り、

美顔指圧後の眼の色や顔色は、来たときよりも、

はるかに美しくなりました。

2時間の全身指圧プラス鍼、そのあとの1時間の美顔指圧プラス美顔鍼の成果が

十分に発揮された今日のオレ竜指圧&鍼治療でした。

それもこれも、月1回、定期的に通ってくださるKさんのお心がけの賜物と、

感謝申し上げる次第です。

凝り竜が動く時、凝りの周囲には血液が満たされて、

温かさが戻ってきます。

指圧により分泌が高まった一酸化窒素がもたらす血管拡張作用による

血流促進の効果です。

凝り竜は血液の栄養と熱を吸って、生気を取り戻し、

やおら動きだし、宇宙の虚空へと帰還します。

分子レベルから宇宙のはてまで。

オレ竜はミクロとマクロを自在に行き来します。

2016.08.20 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 養生クリエイター

オレ竜 4

「指圧の心 母心 押せば命の 泉湧く」で一世を風靡したのが

豪快な高笑いで有名だった指圧師の故・浪越徳治郎氏。

経絡を対象に指圧をする過程で自分独自の経絡を発見し、

指圧に経絡学を持ち込んだ経絡指圧の創始者が故・増永静人氏。

現代指圧界においてこの二人の先達は忘れてはならない人物だ。

そして、いよいよオレ様、養生クリエイターのハリィー今村が

満を持して指圧界にニューウェーブを巻き起こす!

鍼灸指圧師ハリィー今村は、浪越指圧と経絡指圧を十分に消化したうえで、

独自の指圧理論を発展させて、ついにある様式を独創した。

それこそが「オレ竜指圧」だ。

オレ竜指圧のキモは、凝りを動かす、という一点に絞られる。

凝りという生き物は、指圧師がうまく指圧で誘導することで、

自発的で自動的で自律的な動きを引き出すことができる。

凝りに指を沈めて意念を指先に集中して、自己のスピリットを

指先に圧縮して、残りのボディは宇宙空間に同化して、

たゆとうように浮游する。その時に凝りという生き物が目覚めて、

摩訶不思議な動きを展開すると、凝りはやがて溶けたように

柔らかさを取り戻す。その凝りの動くさまは、

まるで体壁筋肉系の土中か、はたまた海中を竜のような生き物が、

螺旋を描きながら蠢き、泳ぎ、走り、飛翔するさまにそっくりだ。

だから凝りには竜という生き物がひそんでいる、と私は見て取った。

凝りにひそむ凝り竜が凝りを抜け出して体壁筋肉系を縦横無尽に

駆け巡り、飛翔するとき、ひとの体壁筋肉系はその竜の動きに応じ、

変幻自在に連動する。

この凝り竜を導き出す指圧をオレ流指圧にひっかけて

「オレ竜指圧」と命名した。

そう、オレ様、ハリィー今村こそが次世代の指圧界を牽引する

指圧界に降臨したドンキホーテ、革命家だ!

凝りが勝手に動き出す。この事実を知る者がこの日本に、

いやこの地球全土のどこかに私以外にいるだろうか?

もしも、私以外にまだこの凝りが勝手に動く事実を知る者が

いなかったら、私は前人未踏の人体フロンティアの最前線に

一番乗りで上陸したことになる。

登山家は山に登るという目的を達成するために山に登る。

指圧師は凝りを取るという目的を達成するために凝りを取る。

山ならぬ凝りに指をかけてその崖っぷちを登り続けた指圧師は、

ついに凝り山脈の頂上へと到達し、

まだ人類の誰も見たことのなかった人体神秘の地平を垣間見たのだ。

その人体神秘の地平線の向こうに私は何を見たのか?

それは、凝りは、身体は、治りたがっているという真実だ。

この命というものには人智では理解できない強烈な自律力が宿る。

すべての人間の体内温度は37℃に設定されており、

血液や細胞内のペーハーも常に厳密にほぼ中性にコントロールされ、

酸化還元平衡を取ることで、酸化にも還元にも傾かない仕組みが宿る。

このホメオスタシス(恒常性)を維持しようとする強力な自制力は、

驚くほどに強力だ。

もっともだからこそ環境が激変する地球で生きることが可能なのだ。

また例えば皮膚にケガをして傷がついても、数日を経れば、

かさぶたが出来て、やがて皮下から新しい皮膚が再生し、

かさぶたが取れて傷が修復されて再生されてしまう。

このような細胞を自動的に自律的に再生修復するシステムも、

また命だけがもつ驚異的な能力だ。

ホメオスタシス(恒常性)。

アダプティブサイトプロテクション(適応的細胞保護)。

こうした命の自律的なコントロールを下支えする分子の筆頭が

ヒートショックプロテインだ。

このヒートショックプロテインの力を導くのがオレ竜指圧のコツだ。

凝りは変性タンパク質であるから、ヒートショックプロテインの力で、

凝りの変性タンパク質は元通りのキレイな形のタンパク質に再生修復される。

指圧という押圧ストレスは、皮膚や血管や筋肉を歪ませるゆえに、

そこに旺盛にヒートショックプロテインが分泌されてくる。

この指圧で分泌量が高まったヒートショックプロテインこそが凝り竜を

動かす分子レベルの牽引ツールとなる。

アダプティブサイトプロテクションの立役者であるヒートショックプロテインの力を

引き出すことで、凝りは自発的に自分の力でよみがえりをはかる。

凝りが自分の力でよみがえり再生修復するように導く指圧がオレ竜指圧だ。

オレ竜指圧は、命の自発的な復元力を引き出す。

凝り竜が飛翔する時、命は輝きを取り戻すのだ。

凝り竜がひそむ体壁筋肉系のパワースポットの名所は、

①肩の天竜穴(てんりゅうけつ)、

②腰の人竜穴(じんりゅうけつ)、

③膝下三里の地竜穴(ちりゅうけつ)、

④眼の横の眼竜穴(がんりゅうけつ)、

⑤頭皮の頭竜穴(とうりゅうけつ)、

の5箇所のみならず、

⑥前腕外側の腕竜穴(わんりゅうけつ)と、

さらに⑦膝裏上の大腿部背面の股竜穴(こりゅうけつ)の二箇所も加えたい。

かのアイスマンは②③⑦の竜穴を使いこなした。

7つの竜がひそむパワースポットを自在に操るのがオレ流指圧だ。

すべての竜が解放される時、凝りの呪縛は解け、命は無窮の宇宙と同化する。

世のお盆休暇も終わり、オリンピックもいよいよ終盤。

しかし、ハリィー今村にとっては、それらはおよそひとごと。

常に見つめるは竜のゆくえ。

竜のパワーに魅入られし指圧師。

今日も満員オーダーを竜と共に制覇だ!

2016.08.20 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 養生クリエイター

オレ竜 3

「うちの母がここでお世話になってもらっていて、

何が嬉しいかっていうと、母のヤル気が出ること。

ほんとに、見違えるようにまた母が草取りしたり、

お洗濯したり、自分の身の回りの事を一生懸命に

やってくれる。それが私は一番嬉しい」

「Oさんも自分で言うけど、身体は動かして

いないとダメだってね。ここで指圧して、

身体が軽くなって、それでまた草取りをしたり、

枝打ちをやって、身体を使う。その繰り返しが、

身体に生きる活力を生みだす、というのがOさんの持論」

「アハハハ、母は本当によく働くのよ。

あれで86歳と言っても、誰も信じてくれない。

でも不思議よね、身体を指圧して手入れしたら、

身体が軽くなることはわかる。でもヤル気という

精神的なものは目に見えないじゃない。

その目に見えない部分にも、ちゃんと作用して、

患者の生きる気力、ヤル気まで引き出すんだから、

指圧って、たいしたもんよね」

「もちろん専門的には指圧で皮膚や血管壁から一酸化窒素をはじめ、

ヤル気ホルモンに類するβエンドルフィンやドーパミンやオキシトシンが

分泌されることで、ヤル気が出ると分析できるけど、

そういう分子レベルの分析うんぬんはおいておいて、

とにかく指圧の治療後に身体が軽くなって爽快感が出て、

身体の奥底から力が蘇ってくることを実感するから、

Oさんはずっと通ってくれているわけで、本当にありがたいです」

「私も今日は美顔をやってもらってるけど、この顔の指圧も

不思議と言えば不思議。とにかく眼がね、アレっていうくらいに、

明るくなる。曇っていた視界が美顔指圧をすると、

見事に晴れ渡る。これってどういうわけ?」

「う〜ん、単純に言えば眼の周りの凝りを丁寧に取るから、

そこに血液がよく回るようになって、特に水晶体のタンパク質の変性が、

ヒートショックプロテインの力で修正される、なんて言えるけど、

眼のヨコには、凝りが動くツボがあるから、この凝りが動くと、

顔や眼だけでなく身体中の凝りや気が連動して面白いんだよね」

「また、なんだか先生にしか言えない事を言ってて、

わたしら素人には、ちょっと難しいけど、難しい理屈はともかく、

とにかく顔が軽くなるんだから、この顔が軽くなるという感覚も面白いわね」

「そうそう、みんな、重たい顔をひきずって生きてるんだよね。

でも、顔の指圧をやると、エッ、今まで自分の顔って重たかったんだ、

と実感する程に顔が軽くなったのがわかる。

顔が軽くなる感覚って、ほんと気持ちイイんだよね」

「あ〜っ、スッキリした!おーっ、世の中が明るくなった(笑)

おまけに顔も軽くなった。よしっ、これでまた仕事をバリバリできる。

また来るね〜」

86歳のスーパー女史のOさんの娘さんとの治療院での対話を収録してみました。

あの母にして、この娘あり。

Oさんも凄いけど、娘さんのYさんもまた

現役バリバリの実業界で生きる凄腕の経営者です。

経営というものはとてつもないストレスとの闘いです。

事務作業で眼を酷使するので、眼の状態には敏感です。

接客では常に笑顔が求められます。

笑顔は顔の筋肉が硬くてはイイ笑顔はできません。

Yさんは、時々、美顔指圧をします。

それは事務作業の眼の疲れを取り、顔の筋肉をほぐしてイイ笑顔を作るためです。

美顔指圧後に「ヤッ、あんた、顔の色がキレイにピンク色だけど、何をしたの?」

と別々の友人に言われた経験もあります。

たしかに美顔指圧は顔の血行を格段に活発にします。

だって、眼竜穴(がんりゅうけつ)の竜を呼び寄せるんだもん。

エッ、がんりゅうけつ? なに、それ?

はい、眼の横には竜が潜む凝りがあるんです。

あっ、頭竜穴(とうりゅうけつ)も見逃してはいけません。

エッ、とうりゅうけつ? なに、それ?

はい、頭にも竜が潜む凝りがあるんです。

顔や頭にも凝りがあり、この凝りも自発的に動かすことが可能です。

顔や頭の凝りが取れると、ひとの表情は見違えるほどキレイに豊かに、

穏やかになります。

お化粧もけっこうだけど、

オレ竜・美顔指圧で内側のお化粧も忘れずにね。

2016.08.19 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 養生クリエイター

«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR